突如出現した巨大飛行体の正体とは? 映画『メッセージ』日本版予告編が公開

写真拡大

 【第89回アカデミー賞】8部門にノミネートされ、世界中で称賛を浴びた映画『メッセージ』が、遂に2017年5月19日に日本公開される。

 公開された本映像では、エイミー・アダムス演じる言語学者ルイーズが、突如出現した巨大な球体形飛行体とコンタクトをはかる様子が映し出される。墨のように漂う表意文字の“メッセージ”に目を奪われるが、彼らの“メッセージ”の謎を理解した時、号泣必至の感動的なラストが待ち受けている。奇妙なビジュアルでありながら感動作というギャップについて、ヴァニティ・フェア誌は「宇宙という壮大なテーマの中で、人間の哀しさを漂わせ、内面に問いかけてくる」、ロサンゼルス・タイムズ紙も「時、記憶、人との関わり、そして生と死に対する考え方をすっかり覆させる、ヒューマニティあふれる感動的SF」と評している。

 そのギャップの魅力をさらに際立たせてくれるのが、5度のオスカーノミネートを誇る実力派女優エイミー・アダムスの演技だ。「人生の転機は突然やってくる」というセリフと共に見せる彼女の涙は、その一瞬で観客の心を鷲掴みにし、胸を打つ。本作のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督も「アダムスは深みと美しい脆さとあふれるほどの人間性をルイーズに与えてくれた。僕が求めていた絶望感もね。彼女からは、“もう失うものは何もない女性”なんだと感じられ、それが見ていて悲しくも美しいんだ」と、感動作たる由縁は彼女にあるとも説明している。


◎『メッセージ』日本版予告編
https://youtu.be/1GMGMzHRE4Q

◎作品情報
『メッセージ』
2017年5月19日(金)より、全国ロードショー
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
原作:テッド・チャン『あなたの人生の物語』
出演:エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、フォレスト・ウィテカーほか