15日、台湾の女優アン・アンがマカオの富豪実業家と入籍したことを明らかにした。写真はアン・アン。

写真拡大

2017年3月15日、台湾の女優アン・アン(安以軒)がマカオの富豪実業家と入籍したことを明らかにした。聯合報が伝えた。

【その他の写真】

ドラマ「秋のコンチェルト」や「王の後宮」などで知られる37歳の人気女優アン・アンが15日、かねてから交際中だった実業家と台北で入籍したことを明らかにした。お相手は中国福建省出身で、マカオを拠点にビジネスを展開するチェン・ロンリエン(陳栄煉)氏。不動産業や物流業、カジノなどを経営するタクチュングループ(徳晋集団)のCEOで、総資産は100億台湾ドル(約370億円)を超えると報じられる41歳の男性だ。

アン・アンは中国版ツイッターで2人の結婚写真を公開。「1230日前、急に私の世界へやって来たあなた」と記し、2人の出会いが約3年前だったこと、交際期間が約2年になることを明かしている。(翻訳・編集/Mathilda)