写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●ストリートやビーチに映えるユニークなデザイン
3月1日〜2日、東京都内の会場にて、カシオの2017春夏・時計新製品発表会が行われた。春・夏といえば元気なカラーの「BABY-G」が映える季節。今回も鮮やかで豊富なデザインがディスプレイに並んだ。一方、「SHEEN」には新作も登場。カシオはレディスウオッチにおいても、ユーザーの選択の幅を着実に広げている(掲載した写真はすべて、クリックで拡大表示。掲載価格はすべて税別)。

○個性を主張するアートペイントの「スプラッター・パターン」

ストリートやビーチに映える、ユニークなデザインがBABY-Gに登場。その名も「スプラッター・パターン・シリーズ」。アートやミュージックシーンで目にするペンキ、インクの飛沫をモチーフにしている(と思われる)。カシオいわく「(ヒップホップの)グラフィティをイメージした」とのことだが、むしろ岡本太郎を感じるのは筆者だけだろうか。

ベースモデルはクォーツムーブメントの「BA-120」。G-SHOCKのメガヒット作「GA-110」のレディスサイズ「BA-110」を、よりBABY-Gらしくアレンジしたモデルだ。ブラックのケースとベルトに蛍光色のスプラッシュがプリントされた「BA-120SPL-1AJF」と、ホワイトのケースとベルトにトリコロールのスプラッシュの「BA-120SPL-7AJF」の2モデルで展開。価格はどちらも1万8,500円で、5月発売。

○ポップ過ぎずシック過ぎない「ちょうどいいクール」な新色

女性のための新しいアウトドアレジャーシーン「グランピング」をイメージした「ビーチ・グランピング・シリーズ」。そのタフソーラー電波時計モデルとスポーティーな「G-LIDE」、2つのラインに新色が登場。グランピングを好む女性の「キレイでアクティブ」なキャラクターを感じさせる「ちょうどいいクール」なカラーが魅力だ。

タフソーラー電波時計の新色は3モデルで展開。価格は、ブラックケース/ブラックIPベゼルの「BGA-2250G-1AJF」と、ホワイトのケース/ゴールドIPベゼルの「BGA-2250G-7AJF」が2万6,500円。スカイブルーのケース/シルバーベゼルの「BGA-2250-2AJF」が2万5,500円。6月発売。

G-LIDEのビーチ・グランピング・シリーズは4モデルをラインナップ。価格は、ブラックケース/ブラックIPベゼルの「BGA-225G-1AJF」と、ブルーケース/ブラックIPベゼルの「BGA-225G-2AJF」が2万円。ホワイトケース/シルバーベゼルの「BGA-225G-7AJF」と、イエローケース/シルバーベゼルの「BGA-225G-9AJF」が1万9,000円。5月発売。

●BABY-Gランナーズ
○スポーティーなツートーンカラーのBABY-Gランナーズモデル

60本のメモリーが可能なラップタイム計測機能と、視認性も考慮したスタイリッシュなデザインがランニング中の気分を高めてくれる「BGA-240 〜for running〜」。今回新たに、ハイコントラストなツートーンカラーの4モデルが登場する。

ブラック×レッドの「BGA-240L-1AJF」、ダークブルー×ピンクの「BGA-240L-2A1JF」、スカイブルー×ホワイトダイヤルの「BGA-240L-2A2JF」、ホワイト×カナリーイエローの「BGA-240L-7AJF」。差し色はすべてネオンカラーで、スポーティーな印象を強調している。ムーブメントはクォーツ。価格は1万4,000円で、5月発売。

その他にも、BABY-Gでは以下の新製品を見ることができたのでご紹介しておこう。

●優しい華やかさのSHEEN
○優しい華やかさ「ピーチゴールド」のSHEEN

海外旅行などで活躍する、簡単操作のシンプルワールドタイムを搭載したSHEENのタフソーラー電波時計モデル「ボヤージュ・シリーズ」に、人気のピーチゴールドカラーを纏ったモデルが登場。

ダイヤルは、幾何学的な模様と、キラキラと光を反射するリフレクションシートで星の輝きを表現。9時位置にセットされたスワロフスキー・クリスタルもまた、女性のハートを掴みそうだ。ケースとバンドのピーチゴールドIPは、カシオの自信作。優しく上品な輝きで、肌をワントーン明るく演出する。

型番は「SHW-1750CG-4AJF」。針位置自動補正機能や内面無反射コーティングサファイアガラス風防、ファインアジャストブレスレットなど、基本仕様や機能はベースモデル(SHW-1750)に準じる。価格は5万円。5月発売。

○選択肢を広げるトノー型のニューモデル

輝きと煌めきを女性らしいデザインで表現するSHEEN。そのブランドコンセプト通り、今までは華やかな、あるいは可愛らしい印象のデザインが多かったが、今回はそれらと趣の異なる新作がディスプレイされていた。

ケースは真面目な印象を与えるトノー(樽)型。ダイヤルも9時位置にスワロフスキー・クリスタルをあしらってワンポイントとしているが、基本的には12時と6時にローマンインデックスを配したシンプルなデザイン。ブレスもオーソドックスで、全体的に几帳面さが感じられるほど。だが、それゆえ今までとは違った大人びたキャラクターともいえる。

サイズは、34.1×24.8×8.0mm。質量はメタルブレスモデルが64g、革バンドモデルが25g。ムーブメントはソーラー、風防は内面無反射コーティングデュアルカーブサファイアガラス。実用性と美しさを併せ持つ、まさに才色兼備のモデルといえるだろう。ビジネスシーンはもちろん、就職活動などでも活躍しそうだ。

ケースおよびブレスレットの素材は、ステンレススチール。シルバー/ピンクゴールドの「SHS-4501SPG-9AJF」3万1,000円、シルバーの「SHS-4501D-4AJF」2万9,000円、そして、ピンクゴールドIPケースに革バンドの「SHS-4501PGL-7AJF」の3モデルで展開。6月発売。

(青木淳一)