<首都カブールで発生した軍病院へのテロは、ISISがアフガニスタンで急速に足場を固めている証拠となるおそれが>

アフガニスタンの病院を襲撃したのは、白衣の医師に扮した戦闘員だった。先週、首都カブール最大の軍病院であるサルダル・ダウド・ハーン病院の正門付近で自爆テロが発生。次いで侵入した武装集団が患者や医療関係者ら30人以上を殺害し、50人以上が負傷した。

病院関係者は「武装集団の1人は白衣を着てカラシニコフを抱え、誰かれ構わず発砲した」と語っている。

治安部隊がヘリコプターで屋上から突入し(文頭写真)、数時間の銃撃戦で武装集団全員を射殺。その間、多くの患者らが銃弾の飛び交う院内に取り残された。

アフガン駐留のNATO軍と米軍を率いるジョン・ニコルソン司令官は「筆舌に尽くし難い犯罪」と発言。アフガニスタンのガニ大統領は「病院への攻撃はこの国のあらゆる人々への攻撃に匹敵する」と非難した。

【参考記事】ISISが中国にテロ予告

今回の襲撃については、タリバンが関与を否定する一方で、テロ組織ISIS(自称イスラム国)が犯行声明を出している。これは、ISISがアフガニスタンで急速に足場を固めつつある大きな証拠かもしれない。

ISISの関与が確認されれば、テロ集団を抑え込んでいるというアフガニスタン政府の主張は崩れてしまう。これまで政府は、巧妙化する一方のテロを食い止めるのに苦戦してきた。

ISISは2015年、アフガニスタンとパキスタンに「支部」を設立したと宣言。以来、タリバンと並行して数々のテロを実行してきた。カブールで昨年7月と今年2月に発生した自爆テロでも、ISISが犯行声明を出している。

ISISとタリバンは連携していないにしても、互いに影響し張り合っているのは事実だろう。ISISは今回初めて、自爆攻撃で正門を開き、他の戦闘員が建物に突入するという手法を取った。これはまさに、タリバンの戦術だ。

From Foreign Policy Magazine

[2017年3月21日号掲載]

ロビー・グレイマー