テニス、BNPパリバ・オープン、男子シングルス4回戦。フォアハンドを打つ錦織圭(2017年3月15日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(訂正)テニス、BNPパリバ・オープン(BNP Paribas Open 2017)は15日、男子シングルス4回戦が行われ、大会第4シードの錦織圭(Kei Nishikori)はドナルド・ヤング(Donald Young、米国)を6-2、6-4で下し、準々決勝進出を決めた。

 今季初優勝を狙う錦織は、第2セット1-4とリードされた展開から追いつき、地元ヤングから逆転勝利を収めることに成功した。

 今大会ここまで1セットも失っていない錦織は次戦、第17シードのジャック・ソック(Jack Sock、米国)とマレク・ジャジリ(Malek Jaziri、チュニジア)の勝者と対戦する。
【翻訳編集】AFPBB News