サントリーは15日、缶飲料「BOSS」の新たなラインアップとして、「クラフトボス」シリーズを展開すると発表した。第1弾として「クラフトボス ブラック」を4月4日から、第2弾「クラフトボス ラテ」を6月13日から発売する。また、「ラテ」の280mlペットボトルを自動販売機限定で5月16日に発売する。

 新開発のオリジナルペットボトルを採用、本格的なコーヒーの味わいがありながら、中身が見えるフレッシュさを表現したという。また、時間をかけて少しずつ飲まれることを想定し、200工程以上をかけて満足感がありながらも、すっきり飲み続けられる味わいを実現したとしている。

 第1弾の「クラフトボス ブラック」は、豆の選定、ばい煎、抽出それぞれの工程にこだわり仕上げた5種類のコーヒーをブレンドすることで、苦すぎずに飲みやすいコクが実現されている。第2弾の「クラフトボス ラテ」は、手間を惜しまず仕上げたコーヒーに、厳選した国産牛乳と北海道産の生クリームを合わせ、甘すぎずに飲みやすい「やさしいコク」が実現されている。

 内容量は500ml。価格は「クラフトボス ブラック」が160円、「同 ラテ」が170円(いずれも税別)。