写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アイドルグループ・TOKIOの国分太一が、15日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『TOKIOカケル』(毎週水曜23:00〜23:30)で、昨年10月に誕生した第1子となる長女が、NEWSの手越祐也を見て泣きやみ、釘付けになっていたエピソードを明かした。

この日は、手越がゲスト出演し、ジャニーズ事務所に入ったきっかけやオーディション秘話などを告白。自身の恋愛についても語り、10代のときに失恋して号泣したエピソードや、手越流の恋愛テクニックを明かした。

そして、恋愛トークの場面で、国分が「この間、赤ちゃんが号泣していて、『あやして』って言われてあやしていたら、ちょうどうNEWSが歌番組で『EMMA』を歌っていて…うわーって泣いていたうちの赤ちゃんが、手越のアップになった瞬間にハッて見て泣きやんじゃったの」と長女のエピソードを告白。「手越だけは本当に勘弁してくれ」と笑いながら訴えた。

さらに国分が「そこからガン見なのよ、ずっと手越のことを見てるの」と明かすと、手越は「うれしい」とコメント。「『今だれといるの?』って言って『手越君といる』って言われたらどうしよう」と国分が心配すると、城島茂が「そのあと携帯つながらなくなったらどうする?」とおもしろがってイジり、国分は「いやなオヤジだねえ!」と笑っていた。