115分で4ゴール!新潟FW田中達也、今季の「得点ペース」が尋常じゃない

写真拡大

15日に開幕した2017年シーズンのルヴァンカップ。

今季からはプレーオフステージが新たに導入され、決勝を除く全ての試合で21歳以下の選手を1名以上先発に含めなければならないなど、新たなレギュレーションが採用されている。

15日に行われたグループステージ第1節のなかで、最も劇的な展開になったのがサガン鳥栖対アルビレックス新潟戦だ。

試合は、鳥栖がリードしては新潟が追いつくという展開。1-1で迎えた90分に鳥栖が逆転するも、直後の90+1分に新潟がすぐさま再び同点に持ち込み、2-2のドローで終了した。

そんなこのゲームで新潟の2ゴールをあげたのは、元日本代表FW田中達也だった。

66分:田中 達也(1-1)

90+2分:田中 達也(2-2)

新潟での5シーズン目を送っている34歳の田中。

このゲームでは0-1とリードされ迎えた59分に加藤大との交代で途中出場を果たすと、すぐさま同点ゴールを奪い、試合終了間際にも値千金の得点をあげた。流石の決定力だ。

そんな田中は今季のJ1ですでに2ゴールをあげ、この日の結果により公式戦での得点数を早くも「4」とした。

しかし、驚くべきはその全てが途中出場であったということだ。

今季の新潟は山崎亮平と新加入のFWホニが2トップの1stチョイスになっており、田中は第1節のサンフレッチェ広島戦と第2節のヴィッセル神戸戦でいずれも途中出場(広島戦は58分から、神戸戦は67分からイン)。短い出場時間ながらしっかりと結果を残しているのだ。

出場時間とゴール数を計算すると、田中はここまで115分で4ゴール(アディショナルタイムは含めず)!これは28.7分に1ゴールを奪っている計算になり、いかに驚異的であるかが分かる。

殊勲の田中は試合後、「投入された時は0-1だったので、まずは追い付くことだけ考えていた。ゴールは、両方とも良いボールが来たので、落ち着いて決めることができた」とコメント。

また、「チームとしても負けられない状態だったし、自分も力になりたいと思っていた。勝点1を取ることができたので、これを次につなげていきたい」と振り返っている。