新型プジョー3008が日本でも販売を開始しました。プジョーが進めているSUV戦略を担う重要な一台である新型3008は、全長4450×全幅1840×全高1630mmで、フォルクスワーゲン・ティグアンやBMW X1など、欧州で言うところのコンパクトSUVがターゲット。なお、発売開始は3月13日からとなっています。

1

プジョーが新世代に移行したことを感じさせる内・外装デザインが大きな魅力で、最新世代の「PEUGEOT i-Cockpit」をはじめ、SUVらしいスタイリングが特徴。

走りも刷新されています。新プラットフォーム「EMP2」をはじめとした軽量化により、軽快でしなやかな走りを実現しているそうで、悪路走行にも対応する「アドバンスドグリップコントロール」には、新たに急な下り坂をブレーキングせずにクリアできる「ヒルディセントコントロール」が追加されています。

安全装備も充実していて、アクティブセーフティブレーキやレーンキープアシストをはじめ、アクティブブラインドスポットモニター、ドライバーアテンションアラート、アクティブクルーズコントロール、ワイドバックアイカメラなどが新たに搭載されています。

さらに、ハンズフリー電動テールゲートやパノラミックサンルーフ(開閉機能付)などのプジョー初の装備も用意。

ローンチ時に搭載されるエンジンは、1.6Lの直列4気筒ガソリンターボで、6ATとの組み合わせにより165ps/240Nmというスペックを得ています。なお、駆動方式は2WD(FF)のみ。新型プジョー3008の気になる価格帯は、354万円〜400万円となっています(ローンチ時の限定車含む)。

(塚田勝弘)

【関連記事】

【新型プジョー3008】VWティグアンがライバルのCセグメント派生SUVが公開
http://clicccar.com/2016/12/02/422886/

新世代のスタイリングと先進的なコクピットが魅力。新型「プジョー3008」の発売がスタート(http://clicccar.com/2017/03/16/454415/)