ベトナム・ハノイの夜景(資料写真)


 3月頭にベトナムを訪問してきた。今回は、その際に出会った2人のベトナム人との会話を紹介しよう。

民間会社の社員(ハノイ在住、40代女性)

「私はベトナム共産党員ですが、最近の共産党は嫌いです」

「共産党員なのに。共産党が嫌いなの?」

「父はベトナム戦争の兵士でした。戦闘で大けがをして後遺症が残りましたが、勇敢な兵士だったので、戦後、軍関連の機関に就職してよい待遇を受けることができました。私はその娘として大学に行くことができたし、共産党にも入党できました。この国の人口は9000万人ですが、共産党員は400万人。役所で出世するには共産党員であることが必須です。共産党員はエリート。ただ、私は民間企業で働いているので、恩恵はそれほど受けていません」

「ふーん。ではなぜ最近になって共産党が嫌いになったのですか?」

「汚職のこともありますが、第1には現在の幹部が中国にべったりだからです。そのことに対して、みんなが怒っています。中国は南シナ海の島を占領して、その周辺で漁民が漁をすることを妨害しています。だから、水産物が少なくなり値段が上がりました。これは、私たち台所を預かる女性が身近に感じている中国の脅威です。それに対して、現政府は中国になにも文句を言っていません」

「脅威は水産物だけ?」

「政府はインターネットでの情報発信をコントロールしようとしています。ただ、ベトナム政府の能力は中国ほど高くないので、全ての情報を遮断できません。だから、若者たちが発信する情報がネット上に溢れています。ネット情報によると、この前、中国を訪問した時、ベトナム共産党のグエン・フー・チョン書記長は2020年にベトナムが中国の1つの省になると約束したそうです」

「本当ですか?」

「ベトナムは常に中国と戦ってきました。徴姉妹(ハイ・バー・チュン:注 約2000年前に後漢に対して反乱を起こした姉妹)の話は、ベトナム女性の誇りです。1000年前に独立を勝ち取ったのですが、中国はそれからも何度もベトナムに攻め込んできました。それを撃退するために私たちの祖先が多数戦死しています。その中国に対して、中国の省の1つになるなどという約束をするなんて、まったくチョン書記長はどうかしています。いくら中国が怖いからと言って、そこまですり寄る必要はないじゃありませんか。だから、私は怒っているのです。

 日本は中国に対して毅然とした態度を取り続けていますね。立派ですよ。つい先日、天皇陛下にもお越しいただいたことだし、ベトナムは日本ともっと仲良くなりたい。なにかの時には助けてくださいね」

外資系企業の管理職(ホーチミン在住、50代男性)

「ベトナムが中国の省の1つになるという話は本当ですか?」

「ああ、ネット上にはそんな話がたくさん書き込んであるようだな」

「ただの噂ですか?」

「まあ噂だろう。だが、火のないところに煙は立たない。チョンは中国ベッタリだから、それに近いことを言っているのだろう」

「多くの国民が中国を嫌っているのに、なぜチョン書記長は中国ベッタリなのですか?」

「そこがポイントだよ。チョンは米国と仲が良かったグエン・タン・ズン前首相を政権から追い出したかったのさ。ズンはやり手で、この国の経済を発展させた。その手腕は見事だったよ。まあ、汚職も派手にやったから嫌う人も多いけど、1人当たりのGDPが2000ドルを超える水準にまでになったのは、彼のおかげと言っていい」

「経済成長をリードしてきた彼がなぜ失脚したのですか?」

「やり過ぎだよ。ズンは政府の力を強めて共産党の力を弱めた。“政高党低“てやつさ。そこに共産党が脅威を感じた。それにズンは米国と仲よくし過ぎた。この前、オバマ米大統領がベトナムを訪問した時に、庶民がよく行く食堂で”ブンチャ“と言うベトナム料理を食べた。その店ではオバマが注文した料理を”オバマ・セット“なんて言って、売りだしている。大人気だそうだ」

「米国との関係を改善することは経済に対してプラスになるでしょう」

「ああ、だけど共産党にはマイナスだね。米国の影響力が強まれば、共産党の立場は弱くなる。そこに中国がつけ込んだのさ」

「ふーん」

「2015年11月に習近平がベトナムを訪問した。まあ、中国はなにか用事があるときには、ベトナム首脳を呼びつけるから、自分からわざわざベトナムに来るなんてなにかあると思っていたが、案の定、その直後の2016年1月の第12回ベトナム共産党大会でズンは失脚したね。習近平は世界中で評判が悪いから、ベトナムまでが米国になびくことを許せなかったようだ。それにベトナム共産党保守派が飛びついたわけだ」

「そんなことがあったのですか」

「ああ、習近平はベトナム共産党の幹部に大量のお金を賄賂として渡したと聞いているよ。ズンを完全に追い追い落とすように頼んだのさ」

「チョン書記長は中国の力を借りて、党内抗争に勝利したのですね」

「まあ、そうなるね。ズンの政策は強引で汚職体質だったけど、庶民の生活は確実によくなっていた。ズンの方向は間違ってはいなかった。だか、共産党の連中はそんなことをしていると共産党がなくなってしまうと思ったのだよ」

「なるほど、国より共産党の方が大事だと思ったのですね」

「そうさ。みんなそのことに気が付いたから怒っている。いくら共産党を守りたいからといって、中国に国を売る奴があるものか。若者はチョンを殺せと叫んでいるが、俺は分別のある人間だから殺そうとまでは思わない。ただ、機会があればチョンを殴ってやりたいと思っているよ」

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

筆者:川島 博之