2024年の夏季五輪の招致を行っている米ロサンゼルス Photo:TSUNI/GAMMA-USA/アフロ

写真拡大

 2024年の夏季五輪の招致を行っている米ロサンゼルスが、お膝元であるハリウッドのメジャースタジオ4社の協力を取りつけたと、米ロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。

 ロサンゼルスは現在、1984年以来となるオリンピックの開催地として立候補しており、2月上旬にブタペスト(ハンガリー)が辞退したため、パリ(フランス)との一騎打ちとなっている。国際オリンピック委員会(IOC)が9月に開催地を決定するまで招致合戦を繰り広げることになるが、ロサンゼルス五輪招致委員会はこのほど、ウォルト・ディズニー、20世紀フォックス、NBCユニバーサル、ワーナー・ブラザースのメジャー4社のバックアップを獲得したと発表した。

 4社は招致のためのプロモーション活動で協力をするという。すでにロサンゼルス五輪招致委員会は往年のオリンピック選手がお気に入りのアカデミー賞作品を紹介するというキャンペーンをソーシャルメディアで展開しており、これはNBCユニバーサルのアイデアで実現したものだという。

 2024年のオリンピック開催地に決定した場合は、メジャー4社の力を借りてハリウッド映画のような開会式、閉会式を行う予定だ。招致委員会のケイシー・ワッサーマン会長は「ロサンゼルスのストーリーテラーたちの持つユニークな才能を借りて、これまでになかったような形でオリンピックを主催し、いまの世代を生きる人々の心をとらえたいと思います」とアピールしている。