プライベートが充実すると、それにともなって仕事のモチベーションも上がってきますし、なにより毎日が以前とは比べ物にならないくらい楽しくなります。恋愛を謳歌している人の話を見聞きすると「私もステキな彼と恋愛を楽しんでいるラッキーガールになりたい!」と思ってしまいますよね。だって恋愛がツラい、疲れる、面倒くさいなどと悩むよりもずっとずっとステキですもの!
充実した恋愛をするには、どのような心がけが必要だと言うのでしょうか? それではさっそく確認してみることにしましょう。

(1) 独りよがりにならないよう気をつける

コレをしてあげた、アレもしてあげたなどというような独りよがりな恋愛はお互いに疲れてしまうだけ。なるべく相手のことを思いやる恋愛になるよう心がけましょう。

(2) 恋愛に依存しすぎない

プライベートと仕事の線引きがしっかりできている芯のある女性は、恋愛で一喜一憂することも少ないので、自己嫌悪に陥ることも比較的少ないみたい。恋愛に依存しすぎて重い女になるのは(なるべくなら)避けたいものです。

(3) 決定を人まかせにしない

決断や決定を人まかせにすると「あのとき、あの人がこう言ったから……」などというように、責任転嫁をしてしまう可能性もあります。どんなにちょっとしたことであっても、最終決定は自分で下すようにしましょう。悩みを自己解決できる人は、トラブルに見舞われにくいのです。

(4) 自分と他人を不用意に比べない

劣等感は恋愛の充実感や満足感を薄れさせる感情です。充実した恋愛を望むなら、自分の恋愛と他人の恋愛をわざわざ比較して、「私のほうが劣っている」などと劣等感をもつことだけはやめましょう。自分は自分、他人は他人というスタンスを崩さないことが大切です。

(5) ひとり時間を楽しむこと

趣味に没頭する時間、将来への投資として行う資格試験勉強の時間、スタイルキープの時間、テレビのイケメン俳優をじっくり観察して目の保養をする時間、ゆっくり心と身体を休める時間――など、ひとり時間の使い方はなんでもOK!
ひとりで過ごす時間を存分に楽しむことで、気持ちがリフレッシュして、心の余裕につながります。余裕のなさからうまれやすい、「どうして○○してくれないのよ!」なんていうような子どもっぽい理由でのケンカも少なくなりそうですね。

恋愛というものの思考を少しばかり変えるだけで、簡単に充実感を得ることができそうですね。彼のことを思いやれているか、また思いやってもらっているのか――? それらのことについて、定期的に我が身を振り返ってみることも、充実した恋愛を謳歌するためには必要なことなのかもしれません。