[3.15 ルヴァン杯GL第1節 磐田0-2札幌 ヤマハ]

 ルヴァン杯が15日に開幕した。ヤマハスタジアムではジュビロ磐田と北海道コンサドーレ札幌が対戦し、2-0で札幌が勝利。J1復帰の札幌が今季公式戦初白星を飾った。

 今季から21歳以下の選手を1名以上先発に含めるという『若手枠』が採用されたルヴァン杯。磐田は、東京五輪世代の絶対的エース、FW小川航基が今季初出場を果たし、DF中村太亮やDF小川大貴らもスターティングメンバーに名を連ねた。対する札幌は、MF菅大輝やMF前寛之ら5選手が今季初出場。DF河合竜二とFW上原慎也が今季初スタメンとなった。

 最初のチャンスは札幌に訪れる。前半8分、PA手前の右あたりでFKを獲得し、菅が左足で精度の高いクロスを上げると、FWヘイスが頭で合わせるも惜しくもゴール左に外れ、絶好のチャンスを逃した。一方、磐田は同10分、小川航がドリブルから右足ミドルシュートもGKク・ソンユンに弾き出される。同16分には、小川航のスルーパスにMF松本昌也が抜け出し、飛び出したGKク・ソンユンより先に触れるもラインを割り、シュートまで持ち込めない。

 さらに磐田は前半30分、左サイドで中村太のパスから松本がダイレクトでグラウンダーのボールを中央に入れ、MF松本昌也がスルー。PA手前の中央でボールを受けた小川航が右足を振り抜くも枠上に外れてしまう。札幌も同33分、ロングフィード一本で抜け出したMF荒野拓馬が胸トラップから左足シュートも決めきれず、互いにチャンスをモノにできない。

 前半34分には、磐田に決定機。小川大のパスを受けたMF山本康裕が右サイドからグラウンダーの鋭いクロスを入れ、ニアに小川が飛び込んだが、左ポストを直撃。跳ね返りに松本が詰めたが枠を捉えきれない。さらに同44分、小川航のポストプレーから山本が右足でコントロールショットを放つも、ボールはゴール右に外れ、前半はスコアレスに終わった。

 試合は後半の立ち上がりに動く。前半は押し込まれる展開が続いた札幌は後半11分、右サイドからMFマセードがクロスを上げ、ファーサイドの菅がダイレクトで折り返すと、GK八田直樹のキャッチミスを誘い、こぼれ球をFW上原慎也が冷静に左足で流し込み、1-0。劣勢の札幌が先制に成功した。

 チャンスで決めきれず、先制点を許してしまった磐田は後半15分にMFムサエフに代えてMF松井大輔をピッチに送り出す。同24分には至近距離からFW金園英学のシュートを浴びるもGK八田のファンセーブでピンチを逃れると、同26分に松浦を下げてMF針谷岳晃を投入。今季、昌平高から加入した針谷がプロデビューを果たした。

 リードしている札幌は後半37分にヘイスを下げてFW都倉賢を入れる。磐田も直後に小川航に代えてFW齊藤和樹を投入。19歳小川航は、攻撃の中心として奮闘したが、チャンスをいかせなかった。互いに交代カードを使い切って迎えた同42分、菅のパスをPA手前やや右で受けた都倉が落ち着いて左足一閃。これがゴール右隅に突き刺さり、勝負あり。札幌が2-0で白星発進となった。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●ルヴァン杯2017特設ページ