アメリカ・ワシントン州の女性宅から、風鈴(ウインドチャイム)が盗まれました。

ところが後日、玄関のドアを開けると1通の手紙が置いてあったそうです。

そこには、たどたどしい文字で罪の告白が書かれていました。

 

Woman Finds Heartbreaking Note On Her Door

[画像を見る]
手紙には、しわくちゃの5ドル札が同封してありました。

文面は以下の通り。

「風鈴を盗んでごめんなさい。
死んでしまったママは蝶々が好きでした。それで妹はその風鈴を持ち帰り、うちの窓に取り付けたみたいです。ごめんなさい。僕の持っているお金をぜんぶ置いていきます。どうか怒らないでください。

ジェイクより」

風鈴の持ち主であるクリッシー・マリーさんは、この手紙を読んで目に涙を浮かべました。

なぜなら彼女も若いときに母親を亡くしているため、この小さな兄妹の心情を痛いほど理解できたのです。

風鈴を返すのではなく手紙と代金を置いていったのは、兄としてお母さんとの繋がりを感じられる品を、妹から取り上げることができなかったのかもしれません。

現在、クリッシーさんはジェイク君を探しています。

もし会えたなら5ドルを返し、蝶々の風鈴はあと2つあるので、お母さんを思い出せるように、ぜひジェイク君にも1つ譲りたいと語っています。

兄弟姉妹のきずなを感じる記事は、以下もどうぞ。
(妹がいじめを受けていると知った12歳の姉、いじめっ子たちに「特別な招待状」を送り、いじめを止めさせる)

【風鈴泥棒が手紙を残していった…小さな妹をかばう兄のものだった】を全て見る