プロデビューの手塚が鮮やかボレー弾! 清水を下した柏が白星スタート《YBCルヴァンカップ》

写真拡大

▽15日、JリーグYBCルヴァンカップが開幕。グループAの柏レイソルvs清水エスパルスが日立台サッカー場で行われ、ホームの柏が1-0で勝利した。

▽J1リーグ開幕から1勝2敗で連敗中の柏と、2連勝中の清水が激突した。悪い流れをここで断ち切りたい柏は、8選手を入れ替え。対する清水は、10選手のメンバー変更を行い、リーグカップ戦白星スタートを狙った。

▽試合は早々に動く。3分、小池が右サイドの敵陣深くからクロスを供給する。これは相手にクリアされたものの、この試合がプロデビュー戦の手塚がセカンドボールに反応。バイタルエリア中央からダイレクトで左足を振り抜くと、ゴール右に沈めた。

▽早々に先制した柏は、その後も15分に手塚、20分に大島が積極的にシュート。しかし、いずれも決め切ることができずにいると、清水も反撃に出る。しかし、柏の高い守備意識に阻まれ、同点に追いつくことができない。

▽1点ビハインドで試合を折り返した清水は、ハーフタイム明けから金子を下げて野津田を投入。さらに、60分に二見を下げて松原をピッチに送り込み、流れを引き寄せにかかるが、柏が手放さない。

▽大津の推進力を生かしたカウンターで清水ゴールに迫る柏。しかし、何度か迎えた決定機を武富がモノにすることができない。結局、試合はそのまま終了。J1連勝中の清水を止めた柏が白星スタートを切った。