G大阪の遠藤「残り3戦に全てを懸けたい」…ACLホームで痛恨2連敗

写真拡大

 15日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017グループステージ(GS)第3節で、ガンバ大阪(日本)と江蘇蘇寧(中国)が対戦。ホームゲームに臨んだG大阪は0−1と完封負けを喫した。

 今月1日のGS第2節・済州ユナイテッド(韓国)戦に続いて、ACLのホームゲームで敗れたG大阪。GS前半戦を終えて1勝2敗、勝ち点「3」でグループHの3位となっている。江蘇蘇寧戦後、MF遠藤保仁が心境を語った。

 遠藤は「今日も良い形は作れていたが、決めきれなかったですね」と無得点に終わった一戦を振り返り、「終わったことはしょうがないので、残りの3試合に全てを懸けたいです」と、GS後半戦に向けて気持ちの切り替えを強調した。

 G大阪は前半、決定機をほとんど作ることができなかった。ハーフタイムでの修正点を問われた遠藤は「もう少しアグレッシブにプレーしようと。前半は少しおとなしかった。もう少し、前半の入り方は気をつけたい」と課題を口にした。

 G大阪は3試合を終えて1勝2敗、勝ち点「3」でグループHの3位。江蘇蘇寧は同「9」で首位を守り、2位には同「4」の済州ユナイテッドがつけている。アデレード・ユナイテッドは1分け2敗の勝ち点「1」で4位。G大阪のGS次節は4月11日、江蘇蘇寧とのアウェイゲームを控えている。

 遠藤は江蘇蘇寧との次戦を見据え、「今日持ったイメージもあるし、しっかりと結果を出せるように良いコンディションで臨みたい」と抱負を語っていた。

 なお、G大阪の公式戦次戦は4日後、19日に行われる明治安田生命J1リーグ第4節で浦和レッズをホームに迎える。