Doctors Me(ドクターズミー)- 垂れまぶたは肩こりの原因にも?眼科医が教える垂れたまぶたの治し方

写真拡大

なんだかまぶたが垂れてきて、目が小さく見えてしまう…なんてお悩みをお持ちではないでしょうか。

垂れまぶたは見た目だけではなく、首のこりや、肩こりなどを引き起こすことも。

今回は眼科医の岡先生に、垂れまぶたの原因、健康リスク、病院での治療方法などを解説していただきました。

垂れまぶたになる原因


加齢性(老人性)眼瞼下垂


加齢によりまぶたを上げる筋肉と、まぶたを支えている瞼板や皮膚との間の結合が緩んで起こるものです。

麻痺性、外傷性眼瞼下垂


目を動かす神経である動眼神経麻痺や重症筋無力症、外傷性などによりまぶたを上げる筋肉の問題でまぶたが下がってしまうものです。

動眼神経麻痺の場合、脳動脈瘤が原因のこともあり眼瞼下垂の原因となる病気が何かが大切です。

眼瞼皮膚弛緩症


眼瞼下垂のように見えますが、実際はまぶたの皮膚だけがたるんで下がるものです。

眉毛下垂


おでこの皮膚や筋肉のたるみにより眉毛が下がり、瞼を押し下げているもので眼瞼下垂とはまた別になります。(偽眼瞼下垂)

コンタクト眼瞼下垂


コンタクトレンズ使用者にみられることがあります。

垂れまぶたが引き起こす健康リスク


肩や首のこり


交感神経が優位になると首や肩の筋肉も緊張するため、肩や首のこりが出やすくなります。

またまぶたが下がっていると顎を上げるようにして見るため、さらに首や肩に負担がかかりやすくなります。

眼精疲労


視野が狭くなるために、目を開けようとして力がずっと入るため目も疲れやすくなります。

頭痛


目を大きく開けようとしていると交感神経が優位になり、イラつきや頭痛の原因になりやすくなります。

自律神経失調症


交感神経が優位の状態が続くと、様々な体の不調が出やすくなります。 

垂れまぶたの治療方法


加齢性眼瞼下垂


ゆるんだまぶたの筋肉と周囲の組織を縫合する手術を行います。

麻痺性など


原因となる病気の治療を行い、残った眼瞼下垂に対して手術を行いますが完治しないこともあります。

眼瞼皮膚弛緩症


目の周りの脂肪や、まぶたのたるみを除去します。

偽眼瞼下垂


皮膚切除や、眉毛の吊上げ術が行われます。

まぶたのマッサージはNG!


まぶたをマッサージされる方がいますがこれはおすすめしません。

何故かというと、まぶたの皮膚は薄いため、強い力でマッサージするとしわが増えたり、皮膚が伸びるなどたるみの原因になるからです。

垂れまぶたを引き起こすNG行動


目をこすりすぎない


擦ることにより、腱膜がまぶたを支えている瞼板から外れまぶたがたるむ原因になることがあります。

コンタクトレンズ、アイプチ


コンタクトレンズによる刺激や、アイプチなどでまぶたを引っ張ることにより、眼瞼下垂を起こしやすくなりますので気を付けましょう。

長時間パソコン作業


意識してまばたきするなどで休ませましょう。

最後に岡先生から一言


垂れまぶたは見た目の美容的な問題だけではなく 見え方に影響を及ぼしたり、体の不良を招く原因になることがあります。

また、思わぬ病気が隠れていることもあります。特に急にまぶたが下がってきた場合はすぐに眼科で診察をうけましょう。

徐々に生じてきた垂れまぶたでも、日常生活に支障があれば治療を考える必要がある場合もありますので、眼科で相談されてみるといいと思います。

日々の生活でも垂れまぶたにならないように気を付けて過ごすようにしましょう。

(監修:医師 岡あつ子)