世界ランク60位のドナルド・ヤング【写真:Getty Images】

写真拡大

過去対戦成績は錦織の4連勝

 男子テニスのBNPパリバ・オープンで3回戦を突破した世界ランク5位の錦織圭(日清食品)。14日に対戦した同28位のジレ・ミュラー(ルクセンブルク)相手に6-2、6-2とストレート勝ちを飾った。4回戦では同60位のドナルド・ヤング(アメリカ)と対戦する。

 錦織とヤングの対戦成績はツアー下部大会を含めて錦織の4勝1敗。2013年以降は錦織が4連勝している。大会公式サイトではヤングがその錦織との対戦に向けて「ケイは偉大な選手だよ。彼は本当に長期間にわたって、素晴らしいプレーをし続けている。僕たちは一緒に成長してきたんだ。願うことならば次の試合でいいプレーをしたい。そして勝利を手に入れたいと思う。いつでも勝利を手にしたいんだ。それが自分の目的で、トライし続けていることだからね」と語ったことを紹介している。

 今年初のマスターズで快調なスタートを切っている錦織は、27歳で同世代のヤングを打ち破ってさらに勢いに乗ることはできるだろうか。