写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日産自動車は、同社の自動運転技術から着想を得た、行列を進むイス「プロパイロットチェア」について、1日限定で羽田空港に貸与する。同日には一般来場者がチェアに座って体験することが可能だ。日時は3月23日 11:00〜14:00まで。

「プロパイロットチェア」は、自動運転技術「プロパイロット」をドライバー以外にもわかりやすく可視化するために作られたもの。ドライバー以外にもなじみ深い「飲食店などにおける行列」に着目し、イス同士が一定の距離を保って自動的に進むことで、列が進むごとに立ったり座ったりをくり返す煩わしさを解消する。

2016年9月にも一般展示を行っており、その際「プロパイロットチェア」を置きたい店舗・運営企業を募集した。応募者の中から、羽田空港へのロボット導入を推進する「HANEDA ROBOTICS LAB」と走行条件などを検討し、羽田空港出発ロビーの間近にあるカレーうどん専門店「cuud」での設置が決定した。

なお、設置場所は羽田空港第1旅客ターミナル 2Fのカレーうどん店「cuud(クウド)」。店頭に設置し、入店を待機する客の円滑な移動をサポートする。

(杉浦志保)