「初対面の男性」との話題は何がいい? 盛り上がる話題や会話のコツ

写真拡大

仕事上ではもちろん、合コンや知人の紹介など、初対面の男性と出会う場では何を話せばいいのか迷いますよね。どんな話題だと盛り上がることができるのでしょうか? 今回は、初対面の男性との会話のコツや盛り上がる話題をご紹介します。

<目次>
■初対面の男性とでも盛り上がる「話題」9選
・スポーツの話
・テレビ番組の話
・音楽の話
・食べ物の話
・血液型の話
・仕事の話
・趣味の話
・出身地の話
・旅行の話
■好印象を残そう! 初対面の男性との会話のコツ
・笑顔で話をする
・相手の目を見て話す
・聞き上手になる
・相づちを打つ
・相手を褒める
■男性に聞いた「初対面で話しても楽しくない女性」の特徴
・リアクションが少ない
・会話が続かない
・自分の話ばかりする
・笑顔がない
・携帯をいじる
■まとめ

■初対面の男性とでも盛り上がる「話題」9選

初めて会った男性とは、積極的に話をできないこともあるもの。そこで、初対面の男性とでも盛り上がる「話題」は何だと思うか、働く女性に聞いてみました。(※1)

<スポーツの話>

・「スポーツの話。スポーツが好きな男性は多いし、スポーツ観戦デートにつながる可能性も高いと思うので」(女性/28歳/医薬品・化粧品/専門職)

・「スポーツ。観る側でもやる側でも、いろいろ楽しく話せる」(女性/31歳/医薬品・化粧品/専門職)

スポーツ好きな男性は多いですよね。どんなスポーツが好きか、学生時代は何かスポーツをやっていたかなど聞くと、会話を盛り上げることもできるのではないでしょうか。

<テレビ番組の話>

・「その人の趣味や、好きなテレビ番組などの話をする」(女性/25歳/生保・損保/営業職)

・「テレビ番組や趣味の話。単純に聞きやすいから」(女性/24歳/建設・土木/事務系専門職)

初対面の男性と出会ったら、普段見ているテレビの話などを振ってみるのもいいかもしれませんね。人気のテレビ番組の話をすると、話題も広がるのでは。

<音楽の話>

・「音楽や映画の話。好きなアーティストやジャンルが同じならもちろん盛り上がるし、ちがったとしても新たな発見があるから」(女性/34歳/通信/販売職・サービス系)

・「好きな曲とかアーティストを聞く」(女性/23歳/その他/販売職・サービス系)

話題がないときに便利なのが、好きな音楽の話をすることではないでしょうか。好みのアーティストや楽曲などの話で、盛り上がることができそうですね。

<食べ物の話>

・「食べ物の話題。嫌いな食べ物の話は、共通の敵を作るという意味で結束が固くなる」(女性/29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「好きな食べ物や嫌いな食べ物の話。誰でも食事はすることだから」(女性/25歳/その他/販売職・サービス系)

食べ物の話だと、いろいろ話題も尽きないものですよね。食の好みが似ていれば、そのあとの食事デートにつながることもありそうです。

<血液型の話>

・「血液型。信じる人でも信じない人でも、とりあえず会話になる」(女性/27歳/医療・福祉/専門職)

・「血液型の話や地元の話、趣味の話など」(女性/29歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

血液型による性格診断の話が好きな人は多いようですよね。血液型診断が当たっている・当たっていないにかかわらず、盛り上がるきっかけになるでしょう。

<仕事の話>

・「仕事の話。自分の仕事のおもしろいエピソード」(女性/31歳/医療・福祉/専門職)

・「仕事の話。一番気をつかわないで話せるし、相手のこともわかるから」(女性/26歳/その他/秘書・アシスタント職)

社会人同士であれば、仕事の話をすることで、お互いに同調できることもあるのでは。会社がちがっても、似たような「仕事あるある」がありますものね。

<趣味の話>

・「趣味の話かな。男性の趣味に興味を持ったふりをしていろいろ聞くと、たくさん答えてくれるから話が盛り上がると思う」(女性/33歳/医療・福祉/経営・コンサルタント系)

・「趣味の話。相手と趣味が合うなら盛り上がるし、合わなかったら相手の趣味について話してもらう」(女性/34歳/情報・IT/事務系専門職)

相手がどんな趣味を持っているかを聞くと、自分と合うかどうかも見えてきそうですね。共通の趣味があれば、初対面でも盛り上がるはず。

<出身地の話>

・「出身地の話や昔の話を振る。特にその人が得意な分野について話を投げかける」(女性/24歳/金融・証券/事務系専門職)

・「出身地。共通の話題が見つかりやすい」(女性/34歳/医療・福祉/専門職)

自分の出身地の話をすることで、相手も親近感を抱いてくれることもありそうですね。地元が一緒ならば、盛り上がること間違いなしでしょう。

<旅行の話>

・「旅行とかの話をして、お互いに知らないことを話してみる」(女性/28歳/医療・福祉/専門職)

・「旅行などの話。お互いに行ったことのある場所なら思い出話ができるし、なくてもどこに行ってみたいとか、相手の行った旅行先の話ができるから」(女性/34歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

旅行好きな人であれば、自分が旅行をした話をすれば喜んでくれるもの。また、お互いにこれから行ってみたい旅行先の話で盛り上がることもありそうです。

初対面の男性と話すときは、このような話題を出すといいでしょう。しかしどんなに盛り上がる話題を出しても、好印象に思ってもらえなければ意味がないですよね。どのように会話すると、相手にいい印象を与えることができるのでしょう?

■好印象を残そう! 初対面の男性との会話のコツ

初対面の男性と会話をするとき、どのような点に注意すればいいのでしょうか? 好印象を与えるためのコツを、働く女性に教えてもらいました(※1)。

<笑顔で話をする>

・「笑顔で話をすると、自分の話を楽しそうに聞いていることが伝わるからいいと思う」(女性/22歳/食品・飲料/その他)

・「笑顔で話す、よく笑うなど、とにかく楽しんでいることがわかるようにする」(女性/23歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

話をするときに笑顔を絶やさないようにすることで、初対面の男性にも好印象を残せるのではないでしょうか。楽しんでもらえているとわかって、男性もホッとするでしょう。

<相手の目を見て話す>

・「とにかく笑顔で相手の目を見て話すことと、自分の話はほどほどに相手の話をよく聞く」(女性/32歳/医薬品・化粧品/その他)

・「相手の目を見て話をしっかり聞く。わからないことは聞く」(女性/30歳/学校・教育関連/その他)

話をするときに相手の目を見ることで、しっかり話を聞いていることをアピールできますよね。また目線が合うと、ドキッとする男性もいるのでは。

<聞き上手になる>

・「聞き上手になること。たくさん話して楽しんでもらう」(女性/26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「聞き上手になって、『さっきこう言っていたよね』って、ちゃんと覚えていることをアピールする」(女性/23歳/その他/販売職・サービス系)

相手が積極的に話をしてくれるタイプなら、聞き役に徹するのがよさそうですね。きちんと興味を持って聞いていることをアピールするといいでしょう。

<相づちを打つ>

・「よく相づちをする。それはどうしてなど、どんどん質問して一生懸命話をすることかな」(女性/32歳/その他/その他)

・「相づちを打ちつつ、彼の話に適度なテンションを上げて答える。『それ、私も思ってた!』とか」(女性/29歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

きちんと相づちを打っていると、きちんと話を聞いてくれていることを実感してもらえるでしょう。逆にリアクションが薄すぎると、相手の男性も話をする気がなくなってしまいそうですね。

<相手を褒める>

・「相手のいいところをとにかく褒めること」(女性/28歳/医療・福祉/専門職)

・「とにかく褒めて、笑顔でいることと、自分に自信を持つこと」(女性/34歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

女性から褒められると、うれしい気持ちになる男性も多そうですよね。とはいえ、あまりオーバーすぎると、わざとらしく思われてしまうかもしれないので注意です。

初対面の男性と話すときは、このようなことに気をつけるといいようです。男性にとっても、楽しく会話することができそうですよね。では逆に、男性が「話していても楽しくない」と感じる女性の特徴とは何なのでしょうか?

■男性に聞いた「初対面で話しても楽しくない女性」の特徴

いくら女性ががんばって初対面の男性と話をしても、実は会話を楽しんでいない男性もいるようです。そこで働く男性に、初対面で「話していても楽しくない女性」の特徴を教えてもらいました(※2)。

<リアクションが少ない>

・「リアクションが薄い、またはない。自分に興味を持たれてないと感じる。退屈になってしまう」(男性/33歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「リアクションが少なく、反応が薄い女性」(男性/23歳/商社・卸/営業職)

話をしていてリアクションが薄いと、男性も気にしてしまうのではないでしょうか。本当は楽しく感じていないと、疑ってしまうのかもしれませんね。

<会話が続かない>

・「会話が続かない。他人に気をつかわないのは腹立たしいし、自分だけががんばっているとなおさら腹立たしい」(男性/34歳/自動車関連/営業職)

・「何を話しても、『はぁ〜』とか『うん』しか返ってこない人。会話が続かないため楽しくない」(男性/32歳/運輸・倉庫/技術職)

話を続けるには、お互いに会話のキャッチボールをしなくてはいけません。会話が続かないと、一方的に話をしているような気になりますものね。

<自分の話ばかりする>

・「自分のことしか話さない人。お互いのことを聞かないと会話が続かないから」(男性/24歳/マスコミ・広告/営業職)

・「自分の話ばかりで、相手の話題に触れない。自分語りばかりされてもつまらないので」(男性/27歳/運輸・倉庫/技術職)

初対面とはいえ、自分のことばかり話されると、男性も疲れてくるかもしれませんね。相手の話を聞く余裕も持ったほうがいいでしょう。

<笑顔がない>

・「笑顔がない女性。楽しくないと思われているのであれば、自分も楽しくないと思ってしまうため」(男性/29歳/情報・IT/技術職)

・「笑顔がない人。返事がそっけない人」(男性/33歳/医療・福祉/技術職)

話していてもまったく笑顔がない人は、その場を楽しんでいないように見えますよね。話している男性も、不安になってしまうでしょう。

<携帯をいじる>

・「携帯ばかりいじっている。ろくに話す気がない」(男性/23歳/金融・証券/営業職)

・「携帯をいじりながら話を聞いている」(男性/34歳/商社・卸/営業職)

一緒にいても携帯ばかりいじっていると、楽しくないことを態度に表しているように感じるもの。初対面の相手の前で携帯ばかりいじるのは、かなり失礼な行為と言ってもいいでしょう。

初対面の男性と話すときは、できるだけ相手に気づかいをしたいもの。思いやりの気持ちが見られないと、二度と会いたくないと思われてしまうかもしれませんね。

■まとめ

初対面の男性と話すときは、誠意ある対応をするのはもちろん、会話を楽しんでいることをきちんとアピールしてあげると好印象でしょう。「この人と話していると楽しいな」と思われることで、また会う機会につながることもあるかもしれません。今回の記事を参考に、初対面の男性と会話を通して距離を縮めてみてくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

(※1)マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年3月7日〜3月8日
調査人数:205人(22〜34歳の女性)

(※2)マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年3月7日〜3月8日
調査人数:176人(22〜39歳の男性)