好きな人にアピールできない女性必見! 片思い中の効果的なアピール方法

写真拡大

好きな人ができたら、どのようにアピールするべきなのか、悩む女性も多いでしょう。むやみやたらにアピールするのではなく、自分のことを気になってもらえるような、効果的なアピールをしたいですよね。今回は「好きな人になかなか上手にアピールできない」という女性に向けて、片思い中の効果的なアピール方法をご紹介します。

<目次>
■私たちはこれで成功した! 女性に聞いた「好きな人へのアピール方法」
・好きな人への効果的なアピール方法〜態度・行動編〜
・好きな人への効果的なアピール方法〜メール・LINE編〜
・好きな人への効果的なアピール方法〜言葉編〜
■こんなアピールはNG! 好きな人に絶対やってはいけないアピール
・女性が好きな人にやると「逆効果なアピール」とは?
■まとめ

■私たちはこれで成功した! 女性に聞いた「好きな人へのアピール方法」

好きな人がいても、上手に相手にアピールできないと、なかなか恋愛はうまくいかないもの。どうすればうまくアピールできるのか、片思いが成就した女性たちの成功談をご紹介します。

<好きな人への効果的なアピール方法〜態度・行動編〜>

好きな人に自分の気持ちをわかってもらうためには、きちんと態度に表すことが大切ですよね。どのようなアピールが効果的なのか、働く女性に教えてもらいました。

◇挨拶をする

・「挨拶をしたり、話しかけて距離を縮める」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「挨拶でもなんでも、会話に入れて話しかける」(34歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

どんなときでも、挨拶をすることは大切ですよね。きちんと丁寧に挨拶ができるのなら、好きな人にもいい印象を与えられるのではないでしょうか。

◇笑顔で接する

・「笑顔で接すると好感度が高くなりそう」(30歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「笑顔で接するなど、思いやっていることが伝わる対応をする。好感を持っていることが伝われば、自分に興味を持ってくれるかもしれない」(28歳/電力・ガス・石油/秘書・アシスタント職)

いつでもニコニコと笑顔を絶やさないようにするのは、好きな人に対してのいいアピールになるのでは。笑顔の相手に対して、悪い印象を持つ人はあまりいませんものね。

◇積極的に話しかける

・「積極的に話しかける。笑顔で接する」(34歳/情報・IT/事務系専門職)

・「積極的に話をして、コミュニケーションをたくさんとる」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

自分から積極的に話しかけることで、好きな人にアピールすることもできそうですね。あらかじめ、楽しい話題をたくさん用意しておくことが必要になってくるのでは。

◇目を合わせる

・「目を合わせて話す。目が合うと向こうも気になってくれると思うから」(24歳/金融・証券/専門職)

・「目を合わせてほほ笑んだり、ボディタッチをしたり」(33歳/建設・土木/事務系専門職)

話をするときに、相手ときちんと目を合わせることは大事ですよね。恥ずかしくても、しっかり相手の目を見て話をしたいものです。

◇ボディタッチをする

・「ボディタッチをする。なんでもいいから声をかける」(23歳/食品・飲料/専門職)

・「ボディタッチを増やす! 相手が意識しやすくなるから」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

好きな人と話をするときに、軽くボディタッチをすることで、相手をドキドキさせることもできそうですよね。とはいえ、あからさまにベタベタしないように気をつけましょう。

<好きな人への効果的なアピール方法〜メール・LINE編〜>

メールやLINEで好きな人にアピールするときは、どんな内容が効果的なのでしょう? 社会人女性に聞いてみました。

◇ハートマークを使う

・「ハートマークをたくさん使うことと、返信は早めにすること」(32歳/医薬品・化粧品/その他)

・「ハートマークを投げる。直接的でわかりやすい」(31歳/医薬品・化粧品/専門職)

文章の中にたくさんハートマークを入れることで、自分の気持ちに気づいてくれるのでは。嫌いな相手にハートマークを使うことは、まずありませんものね。

◇絵文字をたくさん使う

・「絵文字をいっぱい使う。かわいいし、文字だけよりも気持ちが伝わるから」(34歳/通信/販売職・サービス系)

・「かわいい絵文字を使う。興味を持ってほしいから」(25歳/その他/販売職・サービス系)

絵文字を多用することで、相手も好感を持ってくれそうですよね。なるべく、かわいらしい絵文字をたくさん使いたいものです。

◇長文は避ける

・「長い文章は、途中で飽きられて最後まで読まれない可能性があるので、明瞭簡潔に伝える」(33歳/その他/事務系専門職)

・「長文は読むのが大変なため、完結に朝のおはよう程度がいいが、気づかう文章がひと言あると(『今日は◯◯がんばろう』など)うれしい気持ちになってポイントが高いと思う」(34歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

あまりにも長い文章を送ると、相手も読むのにウンザリしてしまうもの。完結で読みやすい文面を作成することを意識したいですね。

◇すぐに返信する

・「なるべく早く返信するようにする」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「すぐに返すこと。興味があると思わせる」(34歳/医療・福祉/専門職)

あえて駆け引きのために返信を遅らせる人もいるかもしれませんが、自分の好意を伝えたいのなら、すぐに返信するのが効果的かもしれませんね。

メールやLINEで好きな人にアピールしようと思うときは、好意に気づいてもらえるよう、ストレートに表現したほうがいいのかもしれません。文章だけだと伝わりにくいこともあるので、ハートマークなどの絵文字を使うことも効果がありそうです。

<好きな人への効果的なアピール方法〜言葉編〜>

好きな人にかける言葉で、効果的なアピールがあれば知りたいものですね。どのような言葉をかけるのがいいのか、働く女性に聞いてみました。

◇「いつでも連絡してね」

・「『いつでも連絡してね』かな。嫌な人には言わないから」(33歳/学校・教育関連/その他)

・「『いつでも連絡してね』と気軽な言葉を使う」(25歳/金融・証券/事務系専門職)

「いつでも連絡してね」と伝えることで、相手も気軽に連絡をすることができますよね。連絡先を教えるときに、このようにひと言添えてあげるといいでしょう。

◇「ありがとう」

・「『ありがとうございます』。小さいことでも感謝の気持ちを伝えることが大切だと思うから」(31歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「『ありがとう。また◯◯しよう!』気持ちが伝わって、お互いに楽しめたとわかるので」(34歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

ちょっとしたときに、相手に感謝の言葉を伝えるのは大切なことですよね。思いやりの気持ちが伝われば、彼も好感を持ってくれるのでは。

◇「困ったら相談してね」

・「『何かあったら相談にのるよ』。気づかいの言葉だから」(28歳/医薬品・化粧品/専門職)

・「困ったことがあったら相談してね」(23歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

自分が困っているときに助けてくれる相手は、頼もしく感じますよね。彼に困ったことがあったとき、一番に思い浮かぶ相手になれるかもしれません。

◇「お疲れさま」

・「今日もお疲れさまなど、ほっとする言葉をかける」(33歳/その他/販売職・サービス系)

・「『いつもお仕事お疲れさま!』などねぎらいの言葉」(32歳/情報・IT/事務系専門職)

単純な言葉かもしれませんが、相手をねぎらうような言葉は胸にグッとくるものかもしれませんね。彼にとって、癒しの存在になれるでしょう。

普段の挨拶をしっかりしたり、ねぎらいの言葉を相手にかけたりすることで、相手にもいい印象を与えることができるようです。それでは逆に、好きな人に絶対やってはいけないアピールにはどのようなものがあるのでしょうか?

■こんなアピールはNG! 好きな人に絶対やってはいけないアピール

自分ではよかれと思っていても、実はそれが相手にとって不快なこともありますよね。どのようなアピールがNGなのでしょうか?

<女性が好きな人にやると「逆効果なアピール」とは?>

片思いが成就したことのある社会人女性に、「好きな人に絶対やってはいけないアピール」について、教えてもらいました。

◇ボディタッチばかりする

・「ボディタッチしすぎはダメ。あからさまな猫なで声もダメ。相手にその気がなかったら、恋愛対象になる前に引かれる」(24歳/情報・IT/技術職)

・「ボディタッチが多いのは逆効果。その人にだけ態度を変えるのも逆に印象が悪い」(25歳/医療・福祉/専門職)

ボディタッチにドキドキする男性は多いでしょうが、あまりにも度がすぎると、逆効果になってしまうことも。たまに軽く触れる程度がいいかもしれませんね。

◇自分のことばかり話す

・「自分のことばかり話したり、武勇伝や自慢話を話す。うんざりするし、決して好印象ではない。高飛車な感じがする」(29歳/その他/販売職・サービス系)

・「自分のことを知ってもらおうと、自分のことばかり話す」(31歳/医療・福祉/専門職)

自分をアピールしたいばかりに、つい自分の話ばかりしてしまうこともありますよね。しかし、自分のことしか考えていない自己中な人だと思われてしまうかも。

◇しつこく連絡する

・「しつこく連絡をしたり、ご飯に誘ったりする。相手のペースを見ながらじゃないと、うっとうしいと思われるから」(24歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「しつこく連絡する。ご飯に誘う。頻繁に会おうとする。しつこいと、嫌な気持ちではなくても、隙がないため、追いかけられている恐怖心がわいてしまう」(25歳/その他/事務系専門職)

好きだからといって、相手にしつこく連絡しすぎてしまうと、嫌われてしまう原因にも。相手のペースを見ながら、ほどほどに連絡するほうがいいのかもしれません。

◇ぶりっ子をする

・「ぶりっ子などの、自分を偽った態度をとること」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ぶりっ子をすること。空気が読めないこと」(30歳/医薬品・化粧品/技術職)

相手にかわいく思われたくても、ぶりっ子はNGかもしれませんね。男性の中には、ぶりっ子を嫌う人もいるでしょう。

好きな人に好意を持たれたくてやっていたアピールが、逆効果になってしまうこともあるようです。どんなアピールも、あまり過剰になりすぎないよう、気をつけたほうがいいでしょう。

■まとめ

好きな人ができたら、まずは相手にアピールしないことには何も始まりませんよね。とはいえ、相手が不快に思うようなアピールをするのでは意味がありません。自分に好意を持ってもらえるような、相手のことを思いやったアピールが効果的です。今回の記事を参考にして、好きな人に試してみてくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年3月7日〜3月8日
調査人数:205人(22〜34歳の女性)