Jクラブ熟知の江蘇蘇寧チェ・ヨンス監督…G大阪で警戒する選手は?

写真拡大

 15日に行われるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017グループステージ(GS)第3節で、ガンバ大阪と江蘇蘇寧(中国)が対戦する。同試合を前に、江蘇蘇寧を率いるチェ・ヨンス監督の前日会見におけるコメントを日本サッカー協会(JFA)の公式HPが掲載した。

 開幕2連勝でグループHの首位に立つ江蘇蘇寧。敵地でG大阪を破れば、ラウンド16進出へ大きく前進することとなる。かつてジェフユナイテッド市原(現・ジェフユナイテッド千葉)や京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)、ジュビロ磐田でプレーし、指揮官としてもFCソウルを率いてJクラブとの対戦経験を持つチェ・ヨンス監督は、「ガンバ大阪は今シーズンもリーグ戦で2位と、良い形で試合をしている」と、G大阪を警戒。以下のようにコメントしている。

「以前から知っている遠藤(保仁)選手、アデミウソン選手、倉田(秋)選手を特に警戒している。Jリーグの選手たちは技術力があり、細かいプレーができて組織力が高いという印象。我々も全力で戦って、チームの力をお見せしたい」

 G大阪と江蘇蘇寧の一戦は、15日19時に市立吹田サッカースタジアムにてキックオフ予定となっている。