ヨン・ウジン「内省的なボス」放送終了の感想を伝える“最後を迎えると寂しい”(動画あり)

写真拡大

俳優ヨン・ウジンがドラマ「内省的なボス」の放送終了を迎えて感想を述べた。

15日、ヨン・ウジンの所属事務所JUMPエンターテインメントはtvN月火ドラマ「内省的なボス」(脚本:チュ・ファミ、演出:ソン・ヒョヌク) でウン・ファンギ役を務めたヨン・ウジンが放送終了を迎えて感想を述べる映像を公開した。

公開された映像でヨン・ウジンは「『内省的なボス』の最後の撮影を終え、皆さんにウン・ファンギというキャラクターとして最後の挨拶を伝える。これからはウン・ファンギというキャラクターから抜け出し、ヨン・ウジンに戻ってくる時間だ」と寂しい心を慰めながら感想を述べた。

ヨン・ウジンは「今回のドラマは僕を見つけていく過程であるというインタビューをしたことがあるが、その過程で辛くもあり、楽しくもあった。何よりそのような時間の中でウン・ファンギという素敵なキャラクターに出会えた。ウン・ファンギらしい愛、思いやりのある一面に僕自身もとても感動した。彼のとても素敵な姿、美しい姿に夢中になって楽しく撮影に臨んだ」と伝え、キャラクターへの愛情を見せた。

ヨン・ウジンは「このようなウン・ファンギの一面をリアルに伝えるために一生懸命悩んで努力したが、視聴者の皆さんに上手く伝わったかは分からない。本当に最善を尽くした作品であるだけに、こうやって最後を迎えると残念でもあり、寂しくもある」とし「これまで『内省的なボス』に声援を送ってくださって心より感謝している。僕は新しい姿と新しい演技で挨拶できるように努力する」と付け加え、視聴者への感謝の気持ちも忘れなかった。

劇中でヨン・ウジンは「内省的なボス」のウン・ファンギ役を務めて熱演した。劇の序盤には瞳から動揺する演技で笑いを誘い、話が進むに連れて愛情に満ちた眼差しで“ラブコメの職人”な一面を届けて女心を掴んだ。また、ヨン・ウジンは静かで落ち着いているキャラクターに自身だけのキュートな魅力を加えてより一層立体的に演じ、その繊細な演技に放送の間好評が続いた。

ヨン・ウジンは映画「相性」「ザ・テーブル」「斜線で」の公開を控えている。