写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ぷらっとホームは3月15日、IoTゲートウェイ製品「OpenBlocks IoT BX0・BX1・BX3・EX1」に対し、IoTシステム構築を支援するファームウェア「IoT Gateway Firmware 2.1(FW 2.1)」を追加し、同日から提供開始した。

FW 2.1は、Debian GNU/Linux 8や、独立したグラフィカルな管理用ユーザインタフェース「WEB UI」、IoTデバイスとOpenBlocks IoT Familyの通信をハンドリングするソフトウェア「PD Handler」、IoTクラウドとOpenBlocks IoT Familyの通信を行うソフトウェア「PD Emitter」が標準で含まれている。

また、OpenBlocks IoT Family上で視覚的にプログラミング可能な「Node-RED」を搭載し、プロトタイピングから本番導入まで、エッジコンピューティングの実現を支援する。

なお、同製品は、2017年4月より正式サービスが開始されるIoTゲートウェイ統合遠隔管理サービス「AirManage for IoT」に対応し、複数拠点に設置されたOpenBlocks IoT Familyの遠隔監視、リモートWEB UIアクセス、リモートアップデート機能にも利用できる。

(山本明日美)