【ライターコラムfrom金沢】古巣長崎との対戦に想いを馳せるFW佐藤洸一

写真拡大

 J2三年目のツエーゲン金沢は開幕から未だ勝利がなく、無得点。先発出場を続けるFW佐藤洸一は「まだチームとして1点も入っていない。早く取らないとダメ。一番ゴールに近いポジションにいるので早く点を取りたい」としながらも、「入る時は入るし、入らない時は入らない。それ以外の部分でしっかりチームに貢献しながら、取れるところはしっかり取りたい」と至って冷静だ。

 第3節・湘南戦では、佐藤が前線でボールを収めて起点を作った。ただ、「ショートカウンターは『最後のパスが合っていれば……』というのもあったので、そういう細かいところはもっと自分から要求したい」。味方同士の意思疎通がうまくいけば、必然的にゴールの予感は高まる。

 今季、長崎から金沢に完全移籍した佐藤は今週土曜、移籍後初の古巣戦を迎える。舞台はトランスコスモススタジアム長崎。「相手が古巣なので『やってやりたい』という気持ちがある。勝っていないので、アウェイだけど勝ち点3を持って帰れるようにしたい。まずはこのチームで勝ち点を積み上げることが大事。個人的な思いがプラスになれば良いが、チームのために頑張りたい」という。

 長崎で過ごした4年は実りあるものだった。「練習環境は4年間でだいぶ良くなった。最初の方はクラブハウスもなくて、片道一時間以上かけて練習に行ったりした。そんな中でプレーオフまでいけたことは、自分のキャリアの中でもプラスになった。もちろん長崎に感謝している。でも、いまは金沢で新たにイチから頑張っていきたいと思っている。長崎を倒して帰ってきたい」。

 豊富な運動量を活かした前線からのプレスで守備のスイッチ役となり、柔らかなポストプレーで幸野志有人、奥埜博亮(現ベガルタ仙台)などテクニックのある選手と流れるように関わった。そして二桁得点を記録し、長崎のプレーオフ進出に大きく貢献した。しかし、いまはもう金沢の男になったということだろう。

「ラモスさんは緑の血が流れていると言いましたが、僕には赤い血が流れています!」。大勢のサポーターが集まったシーズン前のイベントで、佐藤は会場の笑いを誘った。こうしたユーモアな一面もあり、新たなチームに溶け込み、ファンのハートもガッチリつかんだ。きっと長崎でも同じように、もしかしたらこれ以上に愛されていたのだろう。

「この前まで長崎でプレーしていたので、『成長した姿を』というのも変。普通に点を決めて勝って、『何をやってくれたんだ』と思われるようにしたい」。あくまで自然体で、かつての“庭”へと乗り込む。佐藤の今季初ゴールは、古巣への“恩返し弾”になるかもしれない。

文=野中拓也