金正男氏

北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏がクアラルンプール国際空港で殺害された事件で、マレーシアの副首相が、遺体の身元確認は息子のDNAサンプルを使用して行われたと述べた。シンガポールのチャンネル・ニュース・アジア(CNA)が報じた。

マレーシアのザヒド副首相は15日、記者からの質問に「遺体は金正男氏のものであると改めて確認する」と述べた上で、「これは彼の息子から採取したDNAサンプルに基づくものだ」と述べた。しかし、「息子」がキム・ハンソル氏を指すかどうかは明言を避けた。

マレーシア警察のハリド長官は10日、証言者の身の安全のため、具体的な身元確認の方法については公にしない方針を示していた。

またザヒド副首相は、北朝鮮の出国禁止措置により足止めされているマレーシア人9人の出国について、13日から北朝鮮と交渉を行っており、結果を楽観的に見ていると述べた。また、マレーシア人9人と、北朝鮮人2人の「人質」交換についても可能性を排除しないとも述べた。

この2人は、金正男氏殺害に関与したとしてマレーシア当局が行方を追っている北朝鮮大使館のヒョン・グァンソン2等書記官と高麗航空職員のキム・ウギル容疑者で、北朝鮮は2人の出国を認めるよう求めている。