シシド・カフカが語る新作『DO_S』:ドラムとヴォーカルの関係、音楽に還元される芝居

写真拡大

シシド・カフカがミニアルバム『DO_S』をリリース。彼女流の“若者への応援ソング”というコンセプトのもと作られた6曲は、聴けば背筋が伸びるような、活を入れられるような、そんな曲ばかりだ。ここでは、本誌掲載インタヴューのロングバージョンを公開する。

―ティーザーではッ忙劼論戯造琶垢なさいイ罰茲鯑れられるミニアルバム『DO_S』ですが、タイトルの意味は?

『DO_S』のSイ琉嫐は何でもいいんです。昨年のツアータイトルもTheatre Kavka『DO_S』イ箸靴討い董△修了のSイ話噂磴縫Sでした(笑)。周囲からSとか、相談事をしたらゲ診困鵑任襪里茵イ辰童世辰討れそうとか、そういうイメージで思われることが多くて。実際は全くそういう人間ではなくて、相談されたらゥ茱掘△犬磴△匹海ら解決していこうかイ辰動貊錣貿困鵑任靴泙Ε織ぅ廖ただ、そういうイメージを持たれているのではあれば、そして、そういうイメージを求めてライヴに来ていただいているのであれば、あえてこっちもドSに振って、そういうステージを作ったら面白いんじゃないかというところから始まっていて。だから演出家さんと脚本家さんをつけて、まあ、ドSとまでいかなくても、サどのいいお姉さんイ扮藹个鬚靴討發蕕辰燭鵑任后

―では今回はその流れを汲んでいる?

そうですね。ストーリー性があるものを作ろうというところから始まったコンセプトアルバムなんですが、決してドSな面だけで言葉を発している曲たちなわけではなくて。このアルバムを聴いて、みんながDOイ垢襦動き出す、そんなきっかけになればいいなっていうのがあったので、Sイ蓮▲轡鵐廛襪任眩把召任皺燭任發茲て、聴いてくれた人が何かに対して素直に一歩を踏み出せるようなきっかけになれたらいいなっていう想いを込めての『DO_S』。いろんな角度から人の背中を押せるような曲を作りました。

―シシドのSかと思いました(笑)。

もちろん、私みたいになりたいって思ってくれるなら、DOシシドでもいいです(笑)。

―リード曲『タチアガレ』は、まさに迷っている人を奮い立たせてくれるようなストレートな歌詞ですね。

作詞は私の名付け親でもある渡辺潤平さんなんですが、ディスカッションをたくさん繰り返した時に、最近の若い子たちへ思うことの共通部分があって、そこから歌詞を書いてもらいました。私がひとりで書いたら、イ泙◆⊃佑修譴召譴△襪らねイ澆燭い亡兇犬砲覆蠅ねないので、さすが潤平さんだなと。あえてのSイメージで振り切ってしまった方がわかりやすいですし。

―ドラムに関しては?

4つ打ちでドンドンドンドンという音が入っているんですが、いい意味であまりドラムが目立たないというか。ダンスサウンドでもあるので、機械で作られる音に対して、生音のドラムのアプローチはどうしようかと自分で考えました。

―ドラムのアプローチやアレンジはいつもどのようにしているんですか?

最近、いろんな作曲家さんが携わってくれていますけど、かなり作り込まれた状態で提案されるので、異論がないときはだいたいそのままです。でも自分の手癖とか、こっちの方がいいなと思った時は相談してアレンジしたり。ライヴでももちろん変わっていくので、最終的には音源通り叩いていない曲の方が多いですね。

―『僕が僕であるということ』はご自身で作詞されていますね。実体験を反映しているのかなと思いました。

これは自分が若かった頃、どうしても前を向けなかった当時のことを思い起こして書きました。私が話している相手側の男の子目線の詞ですけど、内容は私自身がデビューが決まらずバイトをしながら生活をしていた時の鬱屈した感情です。今、思い返すとあの時期が何に対しても素直になれなかったんじゃないかな。