写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソニーは3月15日、音楽アプリ「Sony | Music Center」(ソニー | ミュージックセンター)のAndroid版を提供開始した。従来のオーディオコントロールアプリ「SongPal」(ソングパル)を刷新したもので、新たにハイレゾ再生に対応している。アプリのダウンロードや「SongPal」からのアップデートは無料。iOS版は5月以降に提供開始予定だ。

Music Centerは、新たにアプリ内での音楽再生機能を搭載。スマートフォンの音楽や、サーバー機能のあるPCやNASの音楽をかけられる。また、ハイレゾ音源の再生にも対応する。

ソニー製の対応機器と接続すると、「SongPal」同様、音質設定の調整やホームネットワーク内の複数機器を連動させたサラウンド再生、マルチルーム再生、ステレオ再生をコントロールできる。対応機器の詳細はソニーのWebサイトを参照いただきたい。

今後は、ソニー製オーディオ機器のユーザー以外も活用できる「多様な音楽体験の中心となるアプリ」を目指し、機能を追加していくという。