『きらめく拍手の音』

写真拡大

ドキュメンタリー映画『きらめく拍手の音』が6月から東京・ポレポレ東中野ほかで全国公開される。

【動画と画像を見る(7枚)】

『山形国際ドキュメンタリー映画祭2015』アジア千波万波部門で特別賞を受賞した同作は、耳の聞こえない両親の日常を、聴者である娘のイギル・ボラ監督の視点から捉えた作品。声の代わりに手と表情で会話する両親の日常や家族への思いと、彼らの愛情を受けて時に苦悩しながらも成長する監督とその弟の姿を映し出す。

監督のイギル・ボラは韓国芸術総合学校でドキュメンタリーを学んだ27歳。『きらめく拍手の音』が劇場公開デビュー作となる。4月16日には東京・下北沢シネマで行なわれる『優れたドキュメンタリー映画を観る会』で先行上映を実施。上映後には監督による舞台挨拶が行なわれる。

なお同作は、セリフだけでなく話者の表記や環境音、音楽の説明も交えたバリアフリー字幕版での公開を予定。クラウドファンディングプラットフォームのMotion Galleryでは4月28日まで字幕制作費用への支援を募っている。目標金額は50万円となり、支援金額に応じたリターンには試写会への招待や、パンフレット、ウェブサイトへの名前のクレジット、劇場鑑賞券などが用意されている。