<明日16日からアメリカでトランプの新たな入国禁止令が発効する見通しだが、これに反発する動きが隣国カナダで起こっている>

カナダ最大級のガールスカウト組織「ガールガイド・オブ・カナダ」は、近く予定していたアメリカへの研修旅行を中止した。CBC(カナダ国営放送)が報じた。ドナルド・トランプ米大統領の新しい入国禁止令が16日に発効するのを睨んだ対応とみられる。

トランプ大統領は今年2月、イスラム教徒の多い7カ国からアメリカへの入国を禁止する大統領令に署名し、グリーンカード(アメリカ永住権)保有者から難民まで様々な立場の人々に混乱を招いた。ワシントン州シアトル連邦地裁の判事が一時差し止めを命令したが、トランプ大統領は3月6日、訴訟回避のためわずかに修正した内容の新たな大統領令にサインした。ワシントン州など6州政府は、この新しい入国禁止令の執行停止も求めている。

【参考記事】トランプ、入国制限大統領令の差し止めを解除できるか?

ガールガイド・オブ・カナダは月曜、アメリカへの入国審査でメンバーの誰かが追い返されるリスクは冒したくないと発表した。「アメリカは研修でよく行っていたが、今はメンバー全員が平等に入国できるかどうか不確実」という。

【参考記事】難民入国一時禁止のトランプ大統領令──難民の受け入れより難民を生まない社会づくりを

ガールガイド・オブ・カナダでマーケティング・コミュニケーションを担当するサラ・キリリュクは「どの参加者も取り残されないという確証がほしかった」と語った。

アメリカをボイコットする動きは今後、拡大する恐れがある。

ダミアン・シャルコフ