<10年毎に改訂される学習指導要領は、各世代の人間形成にも少なからぬ影響を及ぼしている。学校での選別が団塊世代の反発を生み、能力偏重への反省がゆとり世代を生んだ>

2020年以降に小中高で順次、実施される次期学習指導要領が公示された。学習指導要領とは教育課程の国家基準で、各学校はこれに基づいて教育課程(カリキュラム)を編成することになっている。

その内容は時代によって異なり、おおよそ10年間隔で改訂される。その変遷を見ると、能力主義の考えのもとで教育内容がかなり増やされた時期もあれば、その逆の時期もある。後者の学習指導要領で育った世代は、「ゆとり世代」などと言われたりする。

どの学習指導要領で育ったかが、各世代の人間形成に少なからず影響していると考えられる。学習指導要領を「国民形成の設計書」となぞらえた論者もいるが(水原克敏『学習指導要領は国民形成の設計書』東北大学出版会,2010年)、言い得て妙だろう。

【参考記事】受験格差が中国を分断する

学習指導要領は、以下のように変遷してきている。年表記は、小学校学習指導要領が改訂された年による(1955年、2003年、2015年の一部改訂は除外した)。

(1)1947年版(小・中は47年、高は48年から実施)
(2)1951年版(小・中・高とも51年から実施)
(3)1958年版(小は61年、中は62年、高は63年から実施)
(4)1968年版(小は71年、中は72年、高は73年から実施)
(5)1977年版(小は80年、中は81年、高は82年から実施)
(6)1989年版(小は92年、中は93年、高は94年から実施)
(7)1998年版(小・中は02年、高は03年から実施)
(8)2008年版(小は11年、中は12年、高は13年から学年進行で実施)
(9)2017年版(小は20年、中は21年、高は22年から学年進行で実施)

筆者の世代(1976年生まれ)は、(5)の77年版学習指導要領で育ったことになる。この春に大学4年になり就職活動に臨む学生(95年生まれ)は、(7)の98年版の世代だ。

舞田敏彦(教育社会学者)