【詳細】「HOMARE」MVはこちら

1次ラウンドを3戦全勝で通過し、2次ラウンドも2連勝と快進撃を続ける侍ジャパン。そのWBCの試合がTBSで放送される際に流れる曲が今話題となっている。

“負けないで〜、負けないから〜”と高音のロングトーンが美しい歌声が響く。中継のエンディングでは試合の名場面と一緒に長尺で流れ、つい聴き入ってしまう。クレジットを見ると曲名は「HOMARE」、アーティストは“Ryo”というシンガーらしい。

Ryoを検索してみると、この「HOMARE」でデビューした新人シンガーだ。そしてこの「HOMARE」は昨年行われた侍ジャパンのアンダーカテゴリー(U-18ほか)の中継テーマソングとしてすでに使われていた。さらに福岡ソフトバンクホークスの松田宣浩選手の登場曲としても使われている。

なんとも野球と縁が深いが、それもそのはず、Ryoは現在ヤンキースで活躍する田中将大投手の4年後輩で、当時、高3の田中投手から「スライダーの投げ方を教えてもらった」こともあるという。大学まで野球漬けの青春時代を過ごしたRyoは、卒業後野球に区切りをつけ、子供の頃より密かな夢であった歌手の道へと進む。

とはいえ、どうすれば良いのかわからず、アーティストとして活躍する叔父のDEENボーカルの池森秀一に相談する。池森は「突然、歌手になりたいと連絡があってびっくり。甘い考えだったら打ちのめしてやろうと思って歌を聴いてみたら、高音のロングトーンが素晴らしくて。衝撃でした」と、その歌声に惚れ込みプロデュースすることになった経緯を話す。

「HOMARE」は、少年時代から野球を通じて育んできた「夢」・「希望」・「仲間」を大切にする気持ちを込めて歌っているという、辛いときも前を向く勇気をくれるメッセージソングだ。

WBCでの侍ジャパンの快進撃と共に俄然、注目を集める新人シンガー、Ryoの活動に注目だ。



リリース情報



2016.12.07 ON SALE

SINGLE「HOMARE」

※アマゾン限定販売

※iTunes/mora/レコチョク/music.jp/dwango.jp/オリコンミュージックストアなども配信中!