B.A.P ヒムチャン“疲労骨折”公式発表後にSNSでコメント「心配かけてごめんなさい」

写真拡大

B.A.Pのヒムチャンが“疲労骨折の診断”報道後、SNSを通してコメントした。

ヒムチャンは15日、自身のInstagram(写真共有SNS) に「久しぶりに6人でのカムバックだから。振付を変えたら大丈夫でした。だから僕がステージに立ちたくて、そのことを事務所に話しました。心配かけてごめんなさい」という書き込みを掲載。

ヒムチャンは14日、SBS MTV「THE SHOW」生放送後、胸に痛みを感じて病院を訪れ“肋骨の疲労骨折”と診断された。

これに対して、所属事務所のTSエンターテインメントは15日「ヒムチャン本人の強い意志を尊重し、ダンスをしない形でステージに上がることになった」と公式コメントを発表した。

B.A.Pは7日、ニューアルバム「ROSE」を発売。タイトル曲「WAKE ME UP」は、中毒性のあるギターリフとパワフルなシンセサウンドの調和が印象的で、これまでとは一味違う、新しさに向かって跳躍しようという、現代人に向けたB.A.Pの特別なメッセージが込められている。