写真提供:マイナビニュース

写真拡大

さくらインターネットは3月15日、ベアメタルとの組み合わせに対応した仮想専用サーバサービス「さくらのVPS」において、契約中のプランを上位プランに変更できるスケールアップ機能(スケールアップの利用は、2014年11月27日以降に申し込まれたサーバ)の提供を開始した。

これまでさくらのVPSは、契約時のプランからほかのプランへの変更ができなかったが、「利用しているサーバのスペックが足りなくなったので、上位プランに変更したい」などのユーザーからのニーズに対応し、今回スケールアップ機能を提供することとなった(下位プランへの変更や「さくらのVPS ベアメタルプラン」「さくらのVPS for Windows Server」でのスケールアップは利用不可。また、さくらのVPSからさくらのVPS ベアメタルプラン、さくらのVPS for Windows Serverへのプラン変更も不可)。

さらに、スケールアップ機能の提供に合わせての「さくらのVPS 32GBプラン」のストレージに、3200GBのHDD(スケールアップによるストレージの変更は、同じストレージの種類での変更が可能。HDDからSSD、もしくはSSDからHDDへのストレージ変更は不可)を新たに追加し、ストレージも選択できるようになったという。

同プランは、スケールアップ機能を利用する際はさくらのVPSのコントロールパネルから、ユーザーが契約中のサーバを選択し、スケールアップを選択すると上位プランに変更できる。利用中のサーバーのデータも引き継ぎが可能で、データの移行も必要なく、スムーズにプラン変更が可能。例えば「512プラン」で開発を行い、開発したサービスの公開時に「1Gプラン」にスケールアップすることも可能としている。

「さくらのVPS 32GBプラン」にHDD3200GB追加後の使用はメモリが32GB、CPUが仮想10コア、ストレージがSSDで600GB、HDDで3200GB、リージョンは東京/石狩、初期費用は3万4560円、月額3万240円、年間一括で33万2640円となる。

(岩井 健太)