あぐー豚とアグー豚は別もの!限定“自衛隊カレー”が絶品!沖縄みやげ5選

写真拡大

 失敗しない沖縄みやげ。

 先日、春満開の沖縄に行ってまいりました。前回は、「おいしい沖縄美容食」をご紹介しましたが、今回は第2弾! 「絶対に喜ぶ沖縄食みやげ」を厳選して5つご紹介。ちんすこうや紅芋タルトに飽きた人にもオススメしたい! 自分用に買って大満足すること間違いナシの銘品ばかりをお届けします。

◆(1)農産物直売所で買う「島野菜」

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=671858

 島らっきょう、ナーベ−ラー(へちま)、青いパパイヤ、ハンダマ(水前寺菜)…。沖縄の「島野菜」は、ビタミン・ミネラル・食物繊維に富んだものも多く、美容食として常食したい野菜であふれています。

 鮮度のよいものをリーズナブルに買いたいなら、地元民が愛する「農産物直売所」に行ってみましょう。50円、100円、120円といった超低価格で沖縄県産の野菜がずらりと並んでいます。

 滞在エリア付近で直売所の有無を調べるのも良いですが、空港近くにある「アグリハウスこちんだ」なら、レンタカーを返す直前に購入することができて好都合。ちんすこうやサーターアンダギ-などといった沖縄菓子もリーズナブルに購入できます。

●アグリハウスこちんだ

◆(2)那覇空港限定「海上自衛隊オリジナルカレー」

 友人の自衛官にオススメされて購入したレトルトカレー「ちゅら海の防人カレー」。突き抜けた個性あるおいしさにすっかりハマってしまいました。たっぷり入った軟骨ソーキ(プルプル感最高)、ガツンとかつおだしの効いたカレールー、辛さの後にくるメリハリある甘味(マンゴー・黒糖のおかげ)…。こんなカレーは食べたことがありません!

 このカレー、海上自衛隊オリジナルレシピをオキハムが再現していて、レアな味を手軽に楽しむことができちゃいます。販売場所は、那覇駐屯地内の売店か那覇空港のみ。ちょっとプレミアムな銘品をお探しの方にピッタリです。

●ちゅら海の防人カレー(オキハム)

◆(3)沖縄のみ流通しているマヨネーズ「EGGOサラダドレッシング」

 マツコの知らない世界やケンミンショーでも紹介された、沖縄の定番マヨネーズ「EGGOサラダドレッシング」。沖縄向けにアメリカで作られているブランドで、沖縄以外では流通していません(ネット販売でも売り切れ続出)。

 このマヨネーズ、真っ白な色としっかりした固さが特徴ですが、味が超ユニーク。酸味と甘味がほどよく効いていて、他のマヨネーズとは全く異なる味わいなんです。マヨネーズ好きは必食のアイテムですが、パン・サラダ・フライにひとぬり…と、誰でも気軽に使いこなせるところが最大の魅力です。

●EGGO SALAD DRESSING(沖縄南国屋ネットショップ)

◆(4)「あぐー豚」ではなく純粋種の「アグー豚」

 沖縄と言えば、「アグー豚」。しかし、ほとんどの豚は純粋種ではないってご存知ですか?

 実は沖縄のブランド豚の9割以上は、アグー豚と西洋豚との掛け合わせでできたハーフ豚(交雑豚)。純粋種と区別するために、ひらがなで「あぐー豚」と命名されています。ちなみに、「やんばる島豚」、「チャーグー」と呼ばれる豚も同様にハーフ。そうです、これらは正真正銘の沖縄豚ではないのです。

 もちろん値段は決して安くないし、味はそれなりに美味。しかしながら、本当に食べるべきは、カタカナの「アグー豚」だと覚えましょう。今帰仁(なきじん)エリアでは、「今帰仁アグー」という純粋種を飼育、数少ない専門店で「今帰仁アグー」の焼肉やしゃぶしゃぶを食べることができます。

 ウルトラ級の旨味・甘味・香り。一度食べたら忘れられないおいしさに感動すること間違いなしですが、この精肉を購入・配送することが可能。究極の沖縄グルメ、ココにありです。