ミーシャ・バートンがセックステープを買収される危機に、弁護士はコメント発表

写真拡大

テレビドラマ「The O.C.」で知られる女優のミーシャ・バートンが、ポルノ会社にセックステープを売られる危機にあるとして、弁護士が表明文を発表した。

ミーシャの弁護士リサ・ブルームは現地時間14日にツイッターに、ミーシャは公表されることに同意していないと綴り、「彼女は当時会っていた誰かに同意なしで録画されたと信じています」「この最低な行為にはリベンジポルノという名前があります。リベンジポルノはカリフォルニアで性的暴行の一種であり、犯罪で、権利侵害です。我々は黙っていることはできません」とコメント。さらにミーシャの画像やビデオを販売しようとしている人に向けて、「我々はあなたを探します。あなたを追います」とメッセージを送り、起訴する意向である。

ミーシャは今年1月、精神鑑定のために病院に運ばれていた。