夫人と共に優勝を喜ぶSSP・チャウラシア(撮影:GettyImages)

写真拡大

<レース・トゥ・ドバイランキング>
年間24か国、最低45試合で争われる欧州ツアーの賞金レースであるレース・トゥ・ドバイ。獲得賞金額1ユーロにつき1ポイントが加算され、ランキングトップの選手には7年間のシード権が付与される。
あのビッグカップルが婚約発表!仲睦まじい姿を見せる
欧州ツアー「ヒーローインディアンオープン」を終えてのレース・トゥ・ドバイランキングが発表され、同大会で2連覇を飾ったSSP・チャウラシア(インド)が18位に浮上している。
トップ10の選手でただ一人参戦し、同大会で5位に入ったラファエル・カブレラ・ベロ(スペイン)が9位から5位に浮上。それ以外に目立った選手の変動はなかった。
今週、欧州ツアーのプレーヤーはオープンウィークを過ごし、世界ランク64位以内の選手は世界ゴルフ選手権「WGC-デル・マッチプレー」に22日(水)より出場する。
【レース・トゥ・ドバイランキング】
1位:トミー・フリートウッド(1,550,988pt)
2位:ファブリツィオ・ザノッティ(585,312pt)
3位:セルヒオ・ガルシア(533,847pt)
4位:ロス・フィッシャー(497,997pt)
5位:ラファエル・カブレラ・ベロ(490,926pt)
6位:ワン・ジョンフン(478,300pt)
7位:デビッド・リプスキー(473,051pt)
8位:ジョン・ラーム(468,117pt)
9位:サム・ブラゼル(433,778pt)
10位:ベルンド・ウィースバーガー(371,350pt)
15位:ヘンリック・ステンソン(330,253pt)
17位:ローリー・マキロイ(318,653pt)
18位:SSP・チャウラシア(289,309pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【1回目 金田久美子編】
中古名品(5) キャロウェイ ビッグバーサ STEELHEAD III FW