テニス、BNPパリバ・オープン、女子シングルス4回戦。コートを去るアンゲリク・ケルバー(2017年3月14日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】テニス、BNPパリバ・オープン(BNP Paribas Open 2017)は14日、女子シングルス4回戦が行われ、大会第2シードのアンゲリク・ケルバー(Angelique Kerber、ドイツ)は第14シードのエレナ・ベスニナ(Elena Vesnina、ロシア)に敗れ、王座復帰を優勝で飾ることはできなかった。

 ケルバーから6-3、6-3でストレート勝ちを収めたべスニナは次戦、四大大会(グランドスラム)通算7勝を誇るヴィーナス・ウィリアムス(Venus Williams、米国)と対戦する。

 第12シードのヴィーナスは同日、中国の彭帥(Shuai Peng、ポン・シュアイ)に3-6、6-1、6-3でフルセット勝ちを収めている。

 昨年の全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Tournament 2016)と全米オープンテニス(US Open Tennis Championships 2016)女王のケルバーは、セレーナ・ウィリアムス(Serena Williams、米国)が故障で今大会を欠場したことで、世界1位への復帰が確定していた。
【翻訳編集】AFPBB News