チン・グの第一印象は悪かった!?キム・ソニョンが暴露「10年も前のことだ」

写真拡大

女優キム・ソニョンがチン・グの第一印象を褒めた。

14日、NAVERのライブ映像配信アプリ「V」を通じて映画「ワンライン」のムービートークが行われた中、ZE:Aのシワン、チン・グ、パク・ビョンウン、キム・ソニョンが出演した。

キム・ソヒョンは、第一印象がよかった俳優は誰かと聞かれるとチン・グを挙げ「実物が本当にハンサムだ。画面上では良く見えない」と説明した。

それからキム・ソニョンは「実は初めて出会ったのは昔だ。映画『アイスケーキ』で共演した。10年も前のことだ。当時は第一印象が非常に良くなかった。セリフを読んだが、おかしかった」と話した。続いて「今回話してみたら違った。真心がたくさん感じられた」と付け加えた。

シワン、チン・グ主演の「ワンライン」は、平凡だった大学生ミンジェ(シワン) が伝説のベテラン詐欺師チャン課長(チン・グ) に会い、身分全てを偽って銀行のお金をだまし取る、新種の犯罪詐欺団に合流して繰り広げられる、スリル満点で予測不能の犯罪映画だ。韓国で29日に公開される。