上海発の自動車スタートアップ「NIO」 自動運転EV車を米国で発表

写真拡大

上海が本拠でシリコンバレーや欧州でもオペレーションを展開中の自動車関連スタートアップの「NIO」が、同社初の自動運転EV車両「Eve」のコンセプトモデルを発表した。米国での販売時期は、2020年を予定している。

米テキサス州オースティンで開催のSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)で発表されたEveの外見は競合のファラデー・フューチャーのEV「FF91」に酷似している。機能に関してNIOのCEO、Padmasree Warriorは記者会見でほとんど触れなかった。

航続距離も不明だが、同社から提供された資料によると、1回の充電で600マイル(960キロ)走行することを目標にしているようだ。自動運転技術は、米国運輸省が定めた6段階のレベルのうち、「レベル4(高度運転自動化)」に該当するという。これは、一部の状況を除き自動運転が可能な水準だ。

「我々がまず目指すのは、通勤の自動運転化を実現することだ。Eveは制限された状況下で完全自動運転を行うことが可能だ」とWarriorは話す。彼女は、マイクロソフトの取締役も兼任しており、以前はシスコでCTOを務めたキャリアを持つ。

Eveの価格については、Warrior が「プレミアム市場をターゲットにする」と述べたことから、4万ドルは下らないと予想される。NIOのライバルとなるのは、ファラデー・フューチャーやルーシッド・モーターズ(Lucid Motors)などのEVスタートアップだけではない。トヨタや日産、BMW、メルセデス・ベンツ、GM、フォード、ボルボなど大手自動車メーカーも自動運転車の開発に取り組んでいる。

NIOは、昨年まで「NextEV」という社名だった。創業者のWilliam Liは、内燃機関に頼らない、スマートフォンのようなEVの開発を目標にNIOを設立した。Liはシリアルアントレプレナーで、中国の自動車情報サービス大手「Bitauto」を創業し、ニューヨーク証券取引所に上場させている。

NIOはこれまでに中国のテンセントやシンガポール政府系ファンド、テマセク・ホールディングス(Temasek Holdings)、セコイア・キャピタル、レノボなどから総額5億ドルを調達している。Liはさらに5億ドルを調達することを目標に掲げている。

昨年は「世界最速の電気自動車」も発表

Warriorによると、NIOは設計だけを行い、製造は契約工場に委託する予定だが、将来的には自前の組み立て工場を建設するという。同社は、Eveを米国でリリースする前に、来年中国市場で別のモデルを販売する予定だ。NIOは昨年、サンノゼに大規模なソフトウェアの開発拠点を設け、AI技術者の雇用を進めている。

SXSWで発表された5人乗りのコンセプトモデルは、ピラーレスのスライドドアでスムーズに乗り降りが可能。AIアシスタントの「NOMI」も搭載されている。ハンドルとペダルは格納式で、人間のドライバーが運転することも可能だ。

NIOは昨年11月、ロンドンで行われたイベントでEVスーパーカー「EP9」を発表した。同社によると、EP9は世界最速の電気自動車であると同時に、世界最速の自動運転車でもあり、価格は120万ドル(約1億3800万円)となっている。

NIOはEveの開発において「モービルアイ(Mobileye)」と「エヌビディア(Nvidia)」と提携していることは公表しているが、詳細な機能については開示していない。Warriorは、スタートアップが自動車業界に参入する難しさについて次の様に述べている。

「我々の置かれた状況は、アップルとグーグルがスマートフォン事業に参入したときの状況と似ている。当時は、80年近い歴史を持つモトローラとノキアが業界のリーダーで、シリコンバレーの新興企業が携帯電話など作れるのかと誰もが不審がった。しかし、アップルはiPhoneという全く新しいコンセプトのデバイスを開発して業界を変革することに成功した」

WarriorとLiも、アップルが成し遂げたような変革を自動車業界にもたらしたいと考えているが、それは容易なことではないだろう。