上海のスタートアップ「NIO」、自動運転EV車を米国で発表 「通勤の実現」

ざっくり言うと

  • 上海発のスタートアップ「NIO」が自動運転EVのコンセプトモデルを発表
  • 1回の充電で600マイル(960キロ)走行することを目標にしているという
  • 「我々がまず目指すのは、通勤の自動運転化を実現すること」とCEOは語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング