『マトリックス』、リブートの製作が進行中

写真拡大

映画『マトリックス』のリブートが、ワーナー・ブラザーズによって進められていることが分かった。

キアヌ・リーブスが主演を務めた『マトリックス』シリーズ。1999年に1作目が公開され、2003年に3部作が完結している。

そして、芸能情報誌「ザ・ハリウッド・レポーター」が、まだ早い段階ではあるが、ワーナー・ブラザーズが『マトリックス』のリブートの製作を進めていて、ザック・ペンが脚本を務めると伝えている。関係者によると、マイケル・B・ジョーダンがキャストの候補となっているそうだ。

オリジナルの監督と脚本を務めたウォシャウスキー姉妹は今作には参加しないとのこと。キアヌは先月、「Yahoo!Movies」に『マトリックス』の新作出演について、「ウォシャウスキーが関わっていなくてはね」「彼らが脚本して、監督しなくてはいけない。それでどんなストーリーか見るよ。でも、そうだね。分からないな。変な感じだろうね。でも、なぜやらないっていうんだい?」とコメントしていた。