B.A.P ヒムチャンが疲労骨折…事務所がコメント「突然の減量と激しい練習のため」(全文)

写真拡大

B.A.Pのヒムチャンが胸の疲労骨折により、ダンスは踊らずにステージに上がる。

15日、B.A.Pの所属事務所であるTSエンターテインメントは「14日、ヒムチャンがMTV『THE SHOW』の生放送後、胸に痛みを感じてすぐ病院へ駆けつけた結果、疲労骨折の診断を受けた」と伝えた。

続けて「専門医の所見によると、外部からの衝撃による負傷ではなく、突然の減量とカムバック準備のための多くの練習量によって、肋骨にひびが入ったと診断された」と付け加えた。

所属事務所側は「疲労骨折は、運動や激しい動作は避けた方がいいが、久しぶりに完全体としてカムバックしたB.A.Pの活動を続けていきたいというヒムチャンの強い意志を尊重し、弊社で議論した結果、ヒムチャンはしばらく公演でダンスは踊らず、ステージに上がることになった」と伝えた。

B.A.Pは韓国で6thシングル「ROSE」タイトル曲「WAKE ME UP」をリリースし、活動中だ。

※以下、TSエンターテインメントの公式コメント全文

こんにちは。TSエンターテインメントです。

B.A.Pのヒムチャンの健康状態をお伝えします。

今月14日、ヒムチャンはMTV「THE SHOW」の生放送後、胸に痛みを感じてすぐ病院に駆けつけた結果、疲労骨折の診断を受けました。

専門医の所見によると、外部からの衝撃による負傷ではなく、突然の減量とカムバック準備のための多くの練習量によって、肋骨にひびが入ったと診断されました。

疲労骨折は、運動や激しい動作は避けた方がいいのですが“久しぶりに完全体としてカムバックしたB.A.Pの活動を続けていきたい”というヒムチャンの強い意志を尊重して弊社で議論した結果、ヒムチャンはしばらく公演でダンスは踊らず、ステージに上がることになりました。

TSエンターテインメントは、ヒムチャンのコンディションに継続的に注視し、より細心の注意を払います。

ファンの皆様にご心配おかけましたこと、心からお詫び申し上げます。B.A.Pの活動に、多くの関心をお願いします。