(吹き出し)宮崎:通勤客に迷惑

写真拡大

きのう14日(2017年3月)午前9時ごろ、JR池袋駅のホームから男が線路に飛び降り、線路上を猛ダッシュする映像がとらえられた。男が埼玉県から都心に向かう電車内で痴漢騒ぎを起こし、女性と駅員の方へ向かう途中の出来事。撮影者によると「ホームにいた人は皆立ちつくすだけだった」そうで、男は100メートルほど走ってトンネルの中に消えたという。おかげで、周辺の通勤電車は20分間ストップ、3万2000人に影響した。女性は突き飛ばされてひざに軽いけがを負った。

北池袋駅方向に逃げた可能性

池袋には8路線が乗り入れ、線路や運行設備が入り組んで見通しのわるい場所もあり、男がはねられる可能性もあった。とくに駅に近い600メートルほどは高い壁などで外に出にくい構造になっており、男は北池袋駅方面へ逃げた可能性がある。

男は40歳前後、身長165〜170センチ、黒っぽい上下を着て、黒い鞄を持っていた。おととい(13日)もJR総武線のお茶ノ水駅で似た騒ぎがあったが、同一人物かは分かっていない。

司会の加藤浩次「多くの人に迷惑をかけた」
宮崎哲弥(評論家)「痴漢かどうかは疑いの段階ですが、通勤客に迷惑をかけた罪を犯しています」
阿部祐二リポーター「男が躊躇なく飛びおり、走り抜けているのが気になります」