新田恵海 “これまでの経験を通してみえた一つ形”新曲「ROCKET HEART」に込めた想いとは?

写真拡大

 声優、歌手として活躍する新田恵海が、4月19日にリリースするシングル『ROCKET HEART』に込めた想いを語った。

新田恵海 関連写真

<「ROCKET HEART」について>

この1年間、とくに昨年はいろんなところでライブを行う機会をいただけました。パシフィコ横浜や神戸国際ホールでのワンマンコンサートもありましたし、海外でのイベントなどでも歌わせていただきました。そうやってファンのみなさんと一緒に作ってきた絆や、みなさんからいただいたパワーを何かの形にしたくて。何より「元気になってもらえるような曲、前向きな気持ちになってもらえる歌を作りたい」という想いを胸に、今回のシングル盤の制作がスタートしました。

作曲を担当した菊田大介(Elements Garden)さんや作詞を担当してくださった畑亜貴さんへ「応援してくれるみんなとのアンセムのような曲にしたいです」「一緒に歌える箇所が欲しい」「未来へ進む力を乗せた歌にしたい」と伝えたところ、ファンのみんなと歌える楽曲に仕上げてくださいました。私も、歌の中で「おいで おいで」とみんなに呼びかけています。

私自身が“がんばる人を応援する”というテーマを大切にしていることもあり、明るく前向きな歌は自分の持ち味の一つになっています。ただ、今回は“優しく背中を押す”よりも背中で語ると言いますか、「私はもっともっと前へ進んでいくよ、だからみんなも付いてきて」とみんなの手を引っ張ってゆくような楽曲になっています。私の場合、感謝の想いを「エネルギーに変えて届けてこそ、私らしい気持ちの返し方」と思ったことから、「明るくて楽しくてしょうがない、そんな曲で、私の想いを伝えたいです」と、制作するうえでお願いをしました。それが、「ROCKET HEART」という私の想いのエネルギーがいっぱい充填された歌になりました。

私、歌詞の内容はもちろん、「ROCKET HEART」というタイトルもすごく好きなんです。ロケットは大気圏を突破して宇宙にまで飛んでいくように、もの凄くエネルギーを積んでいる物体じゃないですか。「ROCKET HEART」も、エネルギーを持って勢い良く前へ飛び出していく、とても心の推進力を持った歌なんです。中でも、サビ頭の「おいで おいで!」の言葉には、私の中にある「みんなと楽しいことがしたい」という想いが詰め込まれていると思います。

 「ROCKET HEART」の楽曲全体にはたくさんのエネルギーを積んでいるんですけど、歌詞では「スリーツーワン!」でカウントダウンが止まっているように、ゼロの瞬間をこの歌ではまだ迎えてないんですね。ここから、どこへどう飛び立ってゆくのかは、私と応援してくださるみなさんと一緒にこれから作っていきたいと思っています。私がいろんな経験を通して見たり感じてきた想いや景色が一つの形として積み込まれたもの、それが「ROCKET HEART」なんだと思います。


◎リリース情報
シングル『ROCKET HEART』
2017/4/19 RELEASE
<通常盤>(CD)
EMTN-10014 1,300円(tax out.)
<生産限定盤>(CD+DVD)
EMTN-10015 1,900円(tax out.)