noovy。

写真拡大

 台湾出身・平均年齢19歳の4人組バンドnoovyが3月13日、HMV&BOOKS TOKYOのインストアライブで目標の”自身初のシングルCD・1000枚完売”を達成し、4月23日に自身初のワンマンライブ開催を発表した。

 noovyは、2014年に「日本・台湾で活躍できるスター」を発掘すべく開催された大型オーディションで選ばれた4人によって結成された4人組バンド。日本と台湾でのトレーニングを経た2016年9月、LOOKINGFORというバンド名でデジタルシングル『KALEIDOSCOPE』をリリースし、台湾でメジャーデビュー。その甘いルックスとJ-POPとC-POPがミックスされたサウンドが話題となり、若い女性の間で人気となっていた。

 2017年1月からは、日本でのメジャーデビューを目指し、トレーニングも兼ねて来日すると、バンド名をnoovyに改名し、都内でのライブ活動を開始。合わせて、自身初となるシングルCDを2月8日にインディーズ盤として台湾に先駆けて日本で発売していた。

 そのシングルCDは渋谷・池袋のHMVでのインストアライブと都内各ライブハウスでのライブにて、手売りを中心にコツコツと販売を重ねており、週3本以上のライブを続けることで徐々にファンを増やし、3月13日に行なわれたHMV&BOOKS TOKYOのインストアライブにて、1000枚限定のCDが完売。当初のスタッフ予想よりも早い、約1カ月半でのミッション達成に、noovy本人たちは涙を流しながら、会場に集まった約100人のファンと共にその感動をかみしめていた。

 ワンマンライブは4月23日、渋谷TSUTAYA O-nestで開催され、当日は「noovyスペシャルファン会員証」を配布、ライブ終了後にはメンバー4人とのファンミーティングが行われることも決定。3月17日より、シングル『KALEIDOSCOPE』の再プレス盤がHMV限定で改めて発売となる。(リアルサウンド編集部)