写真提供:マイナビニュース

写真拡大

女優の菅野美穂が15日、東京・赤坂のTBSで行われた同局系大型スペシャルドラマ『LEADERSII』(3月26日21:00〜23:24)の制作発表に、着物姿で出席した。

このドラマは、2014年3月に二夜連続で放送された『LEADERS』の続編。前作では、第2次世界大戦前後、国産自動車開発に人生を賭けた人間たちの生き様を描いたが、今回はストーリーの主軸を国産自動車開発の世界から販売の世界へと展開し、国産自動車の開発に邁進するアイチ自動車の愛知佐一郎(佐藤浩市)と、佐一郎を販売面で支え続けた男たちの物語となる。

アイチ自動車の販売店第一号となった日の出モータース支配人・山崎亘(内野聖陽)がたびたび訪れる割烹料亭・成田亭の若き女将・飯田キヨ役を演じた菅野は、「熱意をもって働く男性たちを応援している、おいなりさんを差し入れしに行く女。いつもおいなりさんをもって男性を応援しに行くという感じでした」と自身の役について笑いを交えて説明。「現場の熱量が高くて、素晴らしい緊張感とみなさんのお芝居で、本当に刺激的な撮影でした。参加させていただけて光栄」と充実感をにじませた。

本作ではほとんど着物姿で出演しているという菅野は、「スタッフさんが素晴らしくて、着物も時代をすごく意識してくださって、そして役に合うように。役作りが必要ないくらい衣装やメイクに助けていただきました」と感謝。「羽織の長さとかポイントらしいんです。時代によって長さや、帯の合わせとかもあるらしく」と話し、「今年40歳になるんですけど、着物のこととか全然わからなくて、まだまだ勉強の途中だなと圧倒されました」と語った。

会見には菅野のほか、佐藤浩市、内野聖陽、東出昌大、郷ひろみが出席し、司会は同局の井上貴博アナウンサーが務めた。