野党は辞任要求

写真拡大

大阪の学校法人「森本学園」との関わりを追及されていた稲田朋美・防衛相が昨日(2017年3月14日)、これまで「一切関わりはない」としていた発言を訂正、謝罪した。同学園の裁判に代理人として出廷していたことが確認されたためで、他にも、学園の理事長からの政治献金も認めた。

昨日の衆院本会議では、升田世喜男氏(民進)が稲田氏の発言が虚偽だとして、激しい口調で「即刻辞任」を求めた。これに対し稲田氏は、「13年前の裁判所の出廷記録が掲載された。平成16年12月9日、夫の代わりに出廷したことを確認できたので、訂正しお詫びします」と答弁した。

「記憶もとに答弁、虚偽でない」

おとといの参院予算委でのやり取りについてだった。同学園の籠池泰典・元理事長が、「稲田氏は顧問弁護士だった」と発言していることをただされて、「相談を受けたとか顧問をしたことはない。全くの虚偽であります」と、完全否定していた。

ところが、同学園が起こした訴訟で、稲田氏が原告代理人として出廷していたと記載された文書が見つかり、自らも確認したらしい。昨日の朝、記者団に「記憶になかった。記憶に自信があったので、否定した。虚偽の答弁をしたことはない」と言っていた。が、文書は認めざるをえなかったというわけだ。

本会議でも、発言の誤りを認め、謝罪はしたが、「誠心誠意職務にあたって行きたい」と、辞任要求を一蹴した。

参院予算委でも、「記憶に基づいて答弁した。しかし出廷記録を確認したところ、確認できたので訂正してお詫びしたい」と述べ、あくまで「記憶が間違っていた」として「虚偽発言」とは認めなかった。

「籠池氏に失礼なことされた」と稲田氏

稲田氏は籠池氏とは「10年も会ってない」と言っていたが、これについても籠池氏は「2年くらい前、自民党会館でお目にかかった。時の政調会長でした」という。この食い違いについては、「保守的な日本会議とかにおられましたので、面識はありました。でも、10年ほど前に、大変失礼なことをされたので、私からは関係を絶っていた」という。「失礼なこと」は明らかにしなかった。

しかし同じ日、森友学園が経営する塚本幼稚園の修了式で、副園長である籠池氏の妻諄子氏は、「稲田さんが国会で『籠池さんを知らん』と言ったのには頭にきた。国会議員が国会で嘘をついて......2年前にも会ってる」と保護者に語っていた。

諄子氏はさらに、「(稲田氏は)ほんまにおニャンコちゃんですよ。答弁できないと安倍首相が助けたり、そんなんで防衛できへんやないですか」とボロクソに言っていた。

籠池夫妻からの政治献金認める

参院予算委では、稲田氏が籠池夫妻から政治献金を受けていたことも明らかにされた。初め「記憶がない」と言っていたが、収支報告書から「籠池夫妻から6000円づつ」が指摘されると、「記憶にはありませんが、ご指摘の通りと思います」と確認した。

司会の夏目三久「野党の辞任要求、これからも続きそうですね」

牧嶋博子(TBS解説委員)「2007年に籠池夫妻から献金を受けたのは問題はない。それより、記憶に頼って調査もしないで答弁するのが問題。これで防衛大臣としての資質が問われている」

夏目「裁判に出ていたのに覚えてない。弁護士としても......」

竹内薫(サイエンス作家)「弁護士としては答弁が下手すぎる。10年前からちゃんと調べて欲しい」

「失礼なこと」とは何なのか。いずれ分かることだろう。