ファヨン側「シャンプー」発言を否定…事務所が公式コメント

写真拡大

T-ARA騒動についてファヨン側がコメントした。

ファヨンの所属事務所IMAGINE ASIA側の関係者は14日、OSENの取材で「誤解が何度も繰り返され、残念だ」とコメントした。

すでに5年前となるファヨンとT-ARAの葛藤は、思わぬところから浮上した。韓国で13日に放送されたチャンネルA「風の便りに聞きましたけど!?」で、スタイリストのキム・ウリが「礼儀を知らなかった。美容室のスタッフをシャンプーと呼んだ」とし、ファヨンが14日、自身のSNSを通じて「分かりましたから、作り話は止めてください」と対応し、対立が激化した。

キム・ウリは論争が巻き起こり「放送で編集された部分があった」と釈明し、キム・ウリの釈明に「風の便りに聞きましたけど!?」側は「十分に事実確認を経た」と反発し、論争が広がった。

ファヨン側は「再び事実を確認した結果、自分は決してそのような発言をしたことがない。口調自体が自分のものではないという。すでにずっと前の話で、T-ARAとファヨンはいずれも自身の道を歩んでいるのに、周りの方々の話のために誤解が生まれ、何度も誤解が繰り返されて残念だ」と明かした。

ファヨンは現在、KBS 2TV週末ドラマ「お父さんが変」に出演している。

ファヨン、美容室のスタッフをシャンプー呼ばわり?T-ARAの元スタイリストが暴露「礼儀を知らなかった」