YouTubeチャンネル『ConceptsiPhone』が、iPhone 8のデザイン・機能を予想したCG動画を公開しました。

iPhone 8はこうなる?

iPhone 8ではホームボタンがなくなり、画面が目一杯広がる形になると噂されています。

ConceptsiPhoneもこの噂を元にiPhone 8を予想しています。

iSightカメラは出っ張らず、受話口も画面に埋め込まれた形になり、2つのFaceTimeカメラで被写体の奥行きを検知できるとします。


画像:YouTube

廃止されたホームボタン部分は少し凹んでいます。これならホームボタンの位置が分かりやすそうです。


画像:YouTube

ホームボタンの周りはファンクションエリアになるとされ、iOSやアプリと連携して様々な機能が割り当てられると考えられています。

ConceptsiPhoneは通知と連動したり、キーボードでの文字入力を補助したりする機能が登場すると予想しています。


画像:YouTube

さらに指を画面に近づけるとコントロールセンターらしきものが表示される、というようにタッチしなくても反応する機能の登場も予想しています。


画像:YouTube

iPhone 8はワイヤレス充電に対応すると言われていますが、ConceptsiPhoneでは充電器を「AirCharger」と呼び、エリア内のiPhone 8を充電できると予想。


画像:YouTube

予想動画の全編はこちらで視聴できます。

実際にiPhone 8がどうなるのかは不明ですが、「こうなると便利かも」と思わせる点がいくつかありました。

iPhone 8の発売が待ち遠しくなりますが、例年より遅くなる可能性が指摘されています。
→ iPhone 8の発売日は異例、例年より遅い可能性が高まる

参考

iPhone 8 Concept Features - YouTube