キム・ソンフン監督
 - Pier Marco Tacca / Getty Images

写真拡大

 Netflixで韓国ゾンビドラマ「キングダム(原題) / Kingdom」が製作されることになったと The Hollywood Reporter などが報じた。

 朝鮮王朝を舞台にした時代ドラマで、謎の疫病の発生を調べるために派遣された皇太子が国の存続を脅かす恐ろしい真実を知ることになるとのこと。時代劇とゾンビを掛け合わせた作品になるようだ。

 全8エピソードで、2018年中に190か国以上で配信予定。脚本はテレビドラマ「シグナル」のキム・ウニ、映画『トンネル 闇に鎖された男』のキム・ソンフンが監督を務める。

 Netflixが韓国のオリジナルドラマを手掛けるのはウェブ漫画「恋するアプリ」をドラマ化する「ラブ・アラーム(原題) / Love Alarm」に続いて2作目。こちらは12エピソードで同じく2018年配信を予定している。(澤田理沙)